From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Custom-reporting-tutorial/Purpose and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

目的

Bright Patternコンタクトセンターのカスタムポートチュートリアル では、Bright Patternコンタクトセンターソリューション用にカスタムレポートテンプレートを作成する方法について説明しています。

本チュートリアルの最初の2つのセクションでは、TIBCO Jaspersoft Studioアプリケーションの設定によりレポートテンプレートをカスタマイズする方法について説明します。最後のセクションでは、BPXMLテンプレートを使って、レポートデータベースからカスタムデータセットをCSV形式でエクスポートする別の方法について説明します。


Jaspersoft Studioでのレポートテンプレートのカスタマイズ


追加情報

Jasper Reportsの構文とJaspersoft Studioビジュアルエディタをもっと理解するには、次のリソースをお勧めします:

http://community.jaspersoft.com/wiki/jaspersoft-studio-tutorials-archive

ご注意: Jaspersoftには、2つのレポート作成ツールがあります: iReport Designer と Jaspersoft Studioです。 Bright Patternコンタクトセンターソリューションのカスタムレポートテンプレートの作成ツールとしてご利用いただけるのは、Jaspersoft Studioのみです。
次へ >