From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "===例 ③ === お客様との通話中に、お客様から、通話が継続できないのでSMSに切り替えてもらいたいとのリクエストがありました。S...")
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
 
= 対話に関する一般情報=
 
= 対話に関する一般情報=
エージェントデスクトップにおける対話は、お客様とのアクティブなセッションに関連しています。対話には、1対1の個別電話などの簡単なものはもちろん、同時に行われるメディアインタラクションといった複雑なものも含まれています。 例えば、一つの対話はお客様とのチャットから始まっても同じセッション内で電話をかけることも可能です。そしてお客様は電話を切ってから、チャットやSMSで対話を続けることができます。対話は、[[agent-guide/UserInterfaceOverview#Active_Conversations_List_.28ACL.29|アクティブな対話リスト]]で行われます。対話関連情報は、[[agent-guide/UserInterfaceOverview#Selected_Conversation.27s_Documents|選択された対話資料]]で表示されます。対話が終了すると、全ての情報は[[agent-guide/GeneralInformationAboutContacts|コンタクト]] で保存されます。
+
エージェントデスクトップにおける対話は、お客様とのアクティブなセッションに関連しています。対話には、1対1の個別電話などの簡単なものはもちろん、同時に複数のメディアを使って行われるインタラクションといった複雑なものも含まれています。 例えば、一つの対話はお客様とのチャットから始まっても同じセッション内で電話をかけることもあり得ます。そしてお客様は電話を切ってから、チャットやSMSで対話を続けることができます。対話は、[[agent-guide/UserInterfaceOverview#Active_Conversations_List_.28ACL.29|アクティブコンバセーションリスト]]で行われます。対話関連情報は、[[agent-guide/UserInterfaceOverview#Selected_Conversation.27s_Documents|選択された対話資料]]で表示されます。対話が終了すると、全ての情報は[[agent-guide/GeneralInformationAboutContacts|コンタクト]] で保存されます。
  
  
Line 20: Line 20:
  
 
== 全ての対話の保存機能 ==  
 
== 全ての対話の保存機能 ==  
お客様が貴社のサポートセンターに連絡すると、エージェントデスクトップはコンタクト情報を認識し保存します。それ以降、お客様が使うチャンネル及び連絡回数を問わず、全ての対話は、そのお客様の情報セクションで保存されます。コンタクトの [[agent-guide/Activities|アクティビティ]]でご確認いただけます。保存された対話は、お客様のフォローアップにも役立てます。詳しい情報は、 [[agent-guide/Conversations|対話のサポートとしてコンタクト使用]]をご覧ください。
+
お客様が貴社のサポートセンターに連絡すると、エージェントデスクトップはコンタクト情報を認識し保存します。それ以降、お客様が使うチャンネル及び連絡回数を問わず、全ての対話は、そのお客様の情報セクションで保存されます。コンタクトの [[agent-guide/Activities|アクティビティ]]でご確認いただけます。保存された対話は、お客様のフォローアップにも役立てます。詳しい情報は、 [[agent-guide/Conversations|会話のサポートとしてコンタクト使用]]をご覧ください。
  
 
   
 
   

Latest revision as of 05:41, 3 October 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2 • 5.3 • 5.8

対話に関する一般情報

エージェントデスクトップにおける対話は、お客様とのアクティブなセッションに関連しています。対話には、1対1の個別電話などの簡単なものはもちろん、同時に複数のメディアを使って行われるインタラクションといった複雑なものも含まれています。 例えば、一つの対話はお客様とのチャットから始まっても同じセッション内で電話をかけることもあり得ます。そしてお客様は電話を切ってから、チャットやSMSで対話を続けることができます。対話は、アクティブコンバセーションリストで行われます。対話関連情報は、選択された対話資料で表示されます。対話が終了すると、全ての情報はコンタクト で保存されます。


ChristyがJeanneからの電話に応対する


対話をサポートするオムニチャンネル機能

対話中に複数のメディアインタラクションが同時に行われる場合、エージェントデスクトップのユニークなオムニチャンネル機能が役に立ちます。マルチチャンネルも呼ばれるオムニチャンネルは、各メディアチャンネルと各メディアタイプを組み合わせたものです。

チャンネルとは、お客様が問い合わせに使うメディアタイプのことを言います。エージェントデスクトップは以下のチャンネルを認識できます:


多くのチャンネルを使うことにより、エージェントデスクトップはお客様のニーズを満たす能力を最大限に発揮します。各対話は、お客様のご希望のチャンネルに応じて提供され、最高なサービスが提供できます。

全ての対話の保存機能

お客様が貴社のサポートセンターに連絡すると、エージェントデスクトップはコンタクト情報を認識し保存します。それ以降、お客様が使うチャンネル及び連絡回数を問わず、全ての対話は、そのお客様の情報セクションで保存されます。コンタクトの アクティビティでご確認いただけます。保存された対話は、お客様のフォローアップにも役立てます。詳しい情報は、 会話のサポートとしてコンタクト使用をご覧ください。


対話のその他の例

下記は、エージェントデスクトップによるお客様との対話をよりスムーズにする方法が挙げられます。

例①

フライトの予約を変更したいお客様から電話が入りました。通話中に、変更された予約情報をメールでお客様へ送信できます。

例 ②

お客様からチャットメッセージが入りました。但し、お客様が只今運転中のため、チャットでの対話が困難です。お客様に電話番号を送信すると、運転中でもヘッドセットを使って電話での対話が継続できます。対話終了後、SMSで対話の要約の送信が可能です。

例 ③

お客様との通話中に、お客様から、通話が継続できないのでSMSに切り替えてもらいたいとのリクエストがありました。SMSに切り替え、お客様との対話がスムーズに続けられます。

< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >