From Bright Pattern Documentation
< 5.2:Agent-guide
Revision as of 15:43, 24 September 2018 by Marina (talk | contribs) (Created page with "電子メール処理の簡単なケースでは、お客様からのリクエストに対して返信を一回送信すると、インタラクションが終了します。...")
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

電子メールの処理に関する一般情報

エージェントは、コールとチャットのほか、電子メールでお客様から入ったリクエストを処理する場合があります。貴社のコンタクトセンターの慣行によって、お客様からの電子メールはエージェントのデスクトップに直接送信されるか(つまり、 プッシュ 方法)、チームキューに表示されてから手動で受信されます(プル方法)。また電子メールは、スーパーバイザーがエージェントに割り当てることもできます。この場合、割り当てられた電子メールはエージェントのパーソナルキューに表示され、手動で受信されます。最後に、電子メールは他のエージェントによって転送される場合もあります。受信した電子メール(キューから手動受信したものを含む)は、その後の処理手順は同じです。


コンタクト情報パネルのパーソナルキューとチームキューのあるエージェントデスクトップ


電子メール処理の簡単なケースでは、お客様からのリクエストに対して返信を一回送信すると、インタラクションが終了します。複雑なケースは、コンタクトセンターからの複数のフォローアップメッセージおよび/またはお客様からの追加の連絡を含む場合があります。これらのシナリオに対応できるように、各電子メールは、ケース および スレッドに接続されています。 詳しい情報は、 電子メールケースおよびスレッドの説明をご覧ください。

Depending on your contact center configuration, you may be expected to handle multiple emails simultaneously. Your system administrator will advise you about the maximum number of emails that you may have active on your desktop at any given time. Regardless of how many active emails you have, only one of them will be in focus at any given moment. The in-focus email is the one that is currently selected in the Active Communications List. The email working area will be entirely dedicated to the in-focus email and all of its controls will take effect for that email only. You can place another email in focus by selecting it from the Active Communications List. You can switch between your various active emails in this manner at any time.

< 前へ | 次へ >