From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "== アプリケーションの切断== IVRアプリケーションの接続は原則として、そのIVRアプリケーションが行う案内が終了したら、電話会...")
(Created page with "IVRアプリケーションを切断する場合、''コンタクト情報パネル''のアプリケーション名にカーソルを合わせ、赤色の切断ボタンをク...")
 
Line 17: Line 17:
 
IVRアプリケーションの接続は原則として、そのIVRアプリケーションが行う案内が終了したら、電話会議から自動的に切断されます(例えば、音声プロンプトが全て再生した時、データの収集が終わった時など)。しかし、問題がある場合(例えば、お客様がプロンプトの内容が分からなくて、更なる説明が必要な場合)、その問題解決後、IVRアプリケーションを切断することができます。
 
IVRアプリケーションの接続は原則として、そのIVRアプリケーションが行う案内が終了したら、電話会議から自動的に切断されます(例えば、音声プロンプトが全て再生した時、データの収集が終わった時など)。しかし、問題がある場合(例えば、お客様がプロンプトの内容が分からなくて、更なる説明が必要な場合)、その問題解決後、IVRアプリケーションを切断することができます。
  
To disconnect the IVR application, mouse over its name in the ''Contact Info Panel'', and click the red disconnect icon. You can now talk to the customer, provide the necessary instructions, and connect the IVR application again when the customer is ready.
+
IVRアプリケーションを切断する場合、''コンタクト情報パネル''のアプリケーション名にカーソルを合わせ、赤色の切断ボタンをクリックしてください。引き続きお客様との会話を行ったり指示したりして、準備が整え次第、再度IVRアプリケーションの接続を行ってください。
  
 
電話会議のコントロールに関する詳しい情報は、 [[agent-guide/HowtoHostaConference|電話会議の主催方法]]をご覧ください。
 
電話会議のコントロールに関する詳しい情報は、 [[agent-guide/HowtoHostaConference|電話会議の主催方法]]をご覧ください。

Latest revision as of 17:29, 8 September 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

音声アプリケーションとコールの接続

一部の種類のコンタクトセンターサービスには、音声自動応答(IVR)アプリケーションをお客様とのコールに接続することが含まれます。そのようなアプリケーションは、例えば、個人識別番号を使用してお客様を認証するため、または支払いカード情報を収集するために使用できます。

アプリケーションの接続

以下の手順に従ってIVRアプリケーションを接続してください:

  1. 対象のサービスコールを保留にします。
  2. ご希望のアプリケーションを ディレクトリから選択するか、または番号入力フィールドに入力します。
  3. 呼び出し ボタンをクリックします。
  4. IVRアプリケーションへの接続が完了したら、マージボタンをクリックし電話会議を開きます。コンタクト情報パネルにおいてお客様の名前/番号及びIVRアプリケーション名が表示されます。


ご注意: アプリケーションは電話会議モードでサービスコールに接続されるため、このコールに引き続き参加できます。 IVRアプリケーションとお客様とのコール中に雑音障害の発生を防ぐため、そのコール中にマイクをなるべくミュートにすることをお勧めします。


アプリケーションの切断

IVRアプリケーションの接続は原則として、そのIVRアプリケーションが行う案内が終了したら、電話会議から自動的に切断されます(例えば、音声プロンプトが全て再生した時、データの収集が終わった時など)。しかし、問題がある場合(例えば、お客様がプロンプトの内容が分からなくて、更なる説明が必要な場合)、その問題解決後、IVRアプリケーションを切断することができます。

IVRアプリケーションを切断する場合、コンタクト情報パネルのアプリケーション名にカーソルを合わせ、赤色の切断ボタンをクリックしてください。引き続きお客様との会話を行ったり指示したりして、準備が整え次第、再度IVRアプリケーションの接続を行ってください。

電話会議のコントロールに関する詳しい情報は、 電話会議の主催方法をご覧ください。


< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >