From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "''対応可能''に設定する方法")
(Created page with "#'''ユーザステータスの表示/選択'''をクリックしてください。 # ドロップダウンメニュより'''対応可能'''を選ぶか、'''F9'''をプレス...")
Line 5: Line 5:
 
''対応可能''に設定する方法
 
''対応可能''に設定する方法
  
# Click the '''User Status Indicator/Selector.'''
+
#'''ユーザステータスの表示/選択'''をクリックしてください。
# Select '''Ready''' from the drop-down menu or press '''F9.'''
+
# ドロップダウンメニュより'''対応可能'''を選ぶか、'''F9'''をプレスしてください。
  
  

Revision as of 14:16, 21 August 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

対応可能な状態の設定

インタラクションの処理準備が整えたら、対応可能な状態へ手動で切り替えできます。対応可能への切り替えは、アフターコールワーク または 対応不可という状態から可能です。


対応可能に設定する方法

  1. ユーザステータスの表示/選択をクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニュより対応可能を選ぶか、F9をプレスしてください。


Making yourself Ready


Your state changes to Ready. You may now receive an interaction matching your qualifications at any time.


< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >