From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Line 1: Line 1:
= 対応可能な状態の設定=
+
= 受付可能な状態の設定=
インタラクションの処理準備が整えたら、''対応可能''な状態へ手動で切り替えできます。''対応可能''への切り替えは、[[agent-guide/HowtoInterpretYourCurrentStateInformation|''後処理'']] または [[agent-guide/HowtoInterpretYourCurrentStateInformation|''対応不可'']]という状態から可能です。
+
インタラクションの処理準備が整えたら、''受付可能''な状態へ手動で切り替えできます。''受付可能''への切り替えは、[[agent-guide/HowtoInterpretYourCurrentStateInformation|''後処理'']] または [[agent-guide/HowtoInterpretYourCurrentStateInformation|''受付不可'']]の状態から可能です。
  
  

Revision as of 06:47, 21 September 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

受付可能な状態の設定

インタラクションの処理準備が整えたら、受付可能な状態へ手動で切り替えできます。受付可能への切り替えは、後処理 または 受付不可の状態から可能です。


対応可能に設定する方法

  1. ユーザステータスの表示/選択をクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニュより対応可能を選ぶか、F9をプレスしてください。


対応可能な状態への切り替え


状態は対応可能へ切り替わります。インタラクションは、各担当者の権限に基づいて、割り当てられます。


< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >