From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Line 1: Line 1:
=着信の拒否l=
+
=着信の拒否=
 
原則として、別のインタラクション処理中にサービスコールへの応答が不可能な場合、 [[agent-guide/HowtoMakeYourselfNotReady|''受付不可''への切り替え]]をご利用いただけます。 但し、 ''受付不可''への切り替えの前に着信が入ってしまった場合、その着信の拒否機能がご利用できます。
 
原則として、別のインタラクション処理中にサービスコールへの応答が不可能な場合、 [[agent-guide/HowtoMakeYourselfNotReady|''受付不可''への切り替え]]をご利用いただけます。 但し、 ''受付不可''への切り替えの前に着信が入ってしまった場合、その着信の拒否機能がご利用できます。
  

Revision as of 09:45, 21 September 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

着信の拒否

原則として、別のインタラクション処理中にサービスコールへの応答が不可能な場合、 受付不可への切り替えをご利用いただけます。 但し、 受付不可への切り替えの前に着信が入ってしまった場合、その着信の拒否機能がご利用できます。

デスクトップ上での着信を拒否するには、着信お知らせのポップアップウィンドウ拒否ボタンをクリックしてください 。


着信お知らせのポップアップウィンドウ


拒否

拒否されたサービスコールは、サービスキューに戻されてから別のエージェントが応対する場合があります。

内線電話を拒否した場合、発呼側では話中音が聞こえ、こちらが話中/離席中であることが伝えられます。

サービスコールを拒否した場合、 受付不可への切り替えが自動的に行われます。 受付不可状態の理由が明確に示され 、受付が可能になったら 受付可能への手動切り替え を行ってください。

ご注意 拒否されたサービスコールの情報は、パフォーマンスレポート及び活動レポートに表示されます。


< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >