From Bright Pattern Documentation
< 5.2:Agent-guide
Revision as of 03:05, 2 October 2018 by Marina (talk | contribs) (Created page with "メールの下書きが ''アクティブな対話リスト''から削除され、''パーソナルキュー''に表示されます。このメールはいつでも取得し...")
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

下書きの保存

エージェントは、返信メールまたは新しいメールを作成し始めたが、何らかの理由でその時点で完成できない場合は、未完成の電子メールを下書きとしてパーソナル・キューに保存することができます。電子メールを下書きとして保存するには、 下書きを保存して対話を終了する ボタンSave-Draft-Button-50.pngをクリックします。

ご注意: エージェントが退社時間が迫ってメールを下書きとして保存する場合、下書きを保存する前に 受付不可の状態の設定を行うことをお勧めします。そうしないと、すぐに新しいメールインタラクションが受信されます。この注意書きは、電子メールが プッシュ受信方法に基いて配信される場合のみ適用されます。


下書き保存/対話終了ボタン


メールの下書きが アクティブな対話リストから削除され、パーソナルキューに表示されます。このメールはいつでも取得し処理を続けることが可能です。詳しい情報は、 パーソナルキューより電子メールの取得をご覧ください。

Note: If you have any unfinished emails on your desktop when you log out of the system, all those emails will be saved as drafts in your personal queue automatically. You will have to retrieve them manually in order to finish their processing the next time you log in.

< 前へ | 次へ >