From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "==フォームの請求== セキュアフォームを請求するには、エージェントデスクトップチャットウィンドウのテキスト入力フィールド...")
(Created page with "650px")
Line 13: Line 13:
  
  
[[File:Form-Command-5-0.png|650px|thumbnail|center|Typing "/form" in the text input field will request a chat form]]
+
[[File:Form-Command-5-0.png|650px|thumbnail|center|テキスト入力フィールドに"/form"を入力し、チャットフォームを請求する]]
  
  

Revision as of 15:04, 15 September 2018

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

セキュアフォームの送信

エージェントデスクトップを使用すると、チャットインタラクションの処理に必要なセキュアデータフォームをお客様に提供できます。この機能を使用すると、お客様本人は個人情報(例:社会保障番号、クレジットカードデータ、住所など)をチャットフォームに記入でき、エージェントはそのデータをチャット記録に保存せずに安全に受け取ることができます。

エージェントは、例えば、クレジットカードフォームの記入、セキュアノートフォームに運転免許証情報の記入、SSNフォームに社会保障番号の記入をお客様に対して指示できます。

システムは、セキュリティを最重視し、お客様からエージェントまでの送信中のデータを暗号化します。さらに、設定上では、そのデータがチャット記録に残りません。個人情報の 1)安全性、2)正当性が保証されているため、お客様は心配することが一切ありません。例えば、クレジットカードのフォームのカード番号が正しく入力されたかどうか、システムが検証し、カードの種類を自動的に特定します。カード番号の入力に間違いがある場合、またはカードの種類が特定できない場合、“特定できない” メッセージがお客様に自動的に送信され、エージェントがエラーに関する連絡をお客様に送ることなく、作業時間が短縮できます。

チャットセッションは、チャットフォームにより中断されることはありません。お客様もエージェントも、チャットセッションを問題なく続けることができます。チャットフォームは、お客様がそれを記入するかまたはキャンセルするまで、チャットストリームの一番下に表示されます。


フォームの請求

セキュアフォームを請求するには、エージェントデスクトップチャットウィンドウのテキスト入力フィールドに /formコマンドを入力します。


テキスト入力フィールドに"/form"を入力し、チャットフォームを請求する


Any chat forms that are available for the service will be displayed, and you can select which one you wish to use. Once you select the form to use, the message "Secure data has been requested" will be shown in the chat.


Select the form you wish to use


In addition to typing the form command, you may request a form using canned responses or by searching Knowledge Base.

< 前へ | 次へ >