From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "バージョン5.1以降、言語スキルは 言語スキルを導入することにより、他のスキルとは別に...")
 
(6 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
 
= 補助スキル=
 
= 補助スキル=
Bright Pattern コンタクトセンターでは、エージェントへのサービス対話の配信は、受信された対話の処理に必要なスキルとエージェントが持つスキルとの照合に基づいています。スキルは原則として、お客様が求めるサービスに関連付けられています。従って、サービスを設定するときに、このサービスを代表する既定スキルがシステムによって自動的に生成されます。 [[ contact-center-administrator-guide/AssignmentsTab|チームをサービスに割り当てる]]場合、サービスの既定スキルが当該のチームの全エージェントに自動的に割り当てられます。
+
Bright Pattern コンタクトセンターでは、エージェントへのサービス対話の割り当ては、受信された対話の処理に必要なスキルとエージェントが持つスキルとの照合に基づいています。スキルは原則として、お客様が求めるサービスに関連付けられています。従って、サービスを設定するときに、このサービスを代表する既定スキルがシステムによって自動的に作成されます。 [[ contact-center-administrator-guide/AssignmentsTab|チームをサービスに割り当てる]]場合、サービスの既定スキルが当該のチームの全エージェントに自動的に割り当てられます。
  
 
ただし、多くの場合、1つのスキルだけでは、サービスに対するお客様の要求が十分に満たされない可能性があります。例えば、総合サポートサービスには、特定の製品を担当するエージェントがいるとします。この場合、サポート専用の既定スキルに加えて、製品タイプ専用のキルを定義し、それらを特定の製品を担当するエージェントに割り当てる必要があります。上記のように、手動で定義および割り当てが行われる追加のスキルは、補助スキルと呼ばれます。
 
ただし、多くの場合、1つのスキルだけでは、サービスに対するお客様の要求が十分に満たされない可能性があります。例えば、総合サポートサービスには、特定の製品を担当するエージェントがいるとします。この場合、サポート専用の既定スキルに加えて、製品タイプ専用のキルを定義し、それらを特定の製品を担当するエージェントに割り当てる必要があります。上記のように、手動で定義および割り当てが行われる追加のスキルは、補助スキルと呼ばれます。
Line 6: Line 6:
 
補助スキルはグループベースのルーティングにも使用できます。システムがあるお客様の以前の対話を処理したエージェントに同じお客様の対話を割り当てるというパーソナルルーティングの例についてご説明します。このエージェントが受付不可の状態である場合、システムはこの対話を、その特定のエージェントと同じ属性を共有するエージェントのグループにルーティングできます(例えば、同じオフィスで働くなど)。このような共通の属性は補助スキルとして説明できます。詳しい情報は、'' シナリオビルダーリファレンスガイド''の[[ scenario-builder-reference-guide/FindAgent | エージェントの検索]]ブロックをご覧ください。  
 
補助スキルはグループベースのルーティングにも使用できます。システムがあるお客様の以前の対話を処理したエージェントに同じお客様の対話を割り当てるというパーソナルルーティングの例についてご説明します。このエージェントが受付不可の状態である場合、システムはこの対話を、その特定のエージェントと同じ属性を共有するエージェントのグループにルーティングできます(例えば、同じオフィスで働くなど)。このような共通の属性は補助スキルとして説明できます。詳しい情報は、'' シナリオビルダーリファレンスガイド''の[[ scenario-builder-reference-guide/FindAgent | エージェントの検索]]ブロックをご覧ください。  
  
バージョン5.1以降、言語スキルは [[contact-center-administrator-guide/LanguageSkills|言語スキル]]を導入することにより、他のスキルとは別に設定されます。Bright Patternコンタクトセンターの旧バージョンの場合、言語スキルは補助スキルの一つとして 設定できます。言語が以前に設定された場合、それらは補助スキルのリストで "言語 - 旧バージョン"として表示されます。
+
バージョン5.1以降、言語スキルは [[contact-center-administrator-guide/LanguageSkills|言語スキル]]として、他のスキルとは別に設定されます。Bright Patternコンタクトセンターの旧バージョンの場合、言語スキルは補助スキルの一つとして 設定できます。言語が以前に設定された場合、それらは補助スキルのリストで "言語 - 旧バージョン"として表示されます。
  
'''Note:''' Auxiliary skills are supported for voice and chat media channels only.
+
'''ご注意:'''補助スキルは音声およびチャットメディアチャンネルでのみ使用できます。
  
  
[[File:Auxiliary-Skills-Sasha-51.PNG|thumb|800px|center|Call Center Configuration > Auxiliary Skills]]
+
[[File:Auxiliary-Skills-Sasha-51.PNG|thumb|800px|center|コールセンター設定 > 補助スキル]]
  
  
== How to Create Auxiliary Skills ==
+
==補助スキルの作成方法==
To create auxiliary skills, select '''Auxiliary Skills''' from the ''Call Center Configuration'' menu. In Bright Pattern Contact Center, related skills are organized in groups. To set up a new group of related skills, click '''add skill group''' and enter the group name (e.g., ''Accounting''). To define a skill within this new group, click '''add skill''' and enter the skill name (e.g., ''AP''). Repeat the last step for every accounting skill used in your contact center. Note that skill names must be unique within the entire contact center configuration and not just within the group. Note also that auxiliary skill names may not coincide with names of any services since the latter are used for default service skills.
+
補助スキルを作成するには、''コールセンター設定''メニューから '''補助スキル '''を選択します。 Bright Pattern コンタクトセンターでは、関連するスキルはグループにまとめられています。関連するスキルの新しいグループを設定するには、'''スキルグループの追加'''をクリックしグループ名を入力します(例:''会計'')。この新しいグループ内でスキルを定義するには、'''スキルの追加'''をクリックしスキル名を入力します(例: "AP")。コンタクトセンターで使用されているすべての会計スキルに対して、後者の手順を繰り返します。スキル名は、グループ内だけではなく、コンタクトセンター全体でユニークでなければなりません。サービス名は既定のサービススキルに使用されるため、補助スキル名はサービス名と一致しない場合があります。
  
  
To edit or delete previously defined skills and skill groups, hover the cursor over their names and click either '''edit''' [[File:Language-Edit-51.png|26px]] or '''delete''' [[File:Language-Delete-51.png|26px]]. '''Please note''': When you delete a group, all skills within this group will be deleted as well. Unlike the default service skills, auxiliary skills must be assigned to agents explicitly. See section [[contact-center-administrator-guide/SkillLevels|Skills Levels]] for more information.
+
以前に設定したスキルとスキルグループを編集または削除するには、その名前の上にカーソルを合わせ、'''編集''' [[ File:Language-Edit-51.png | 26px]]または'''削除''' [[ File:Language-Delete-51.png | 26px]]をクリックします。
 +
'''ご注意''':グループを削除すると、このグループ内の全てのスキルも削除されます。既定のサービススキルと違って、補助スキルはエージェントに明確に割り当てなければなりません。詳しい情報は、[[contact-center-administrator-guide/SkillLevels|スキルレベル]] をご覧ください。

Latest revision as of 15:43, 17 April 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

補助スキル

Bright Pattern コンタクトセンターでは、エージェントへのサービス対話の割り当ては、受信された対話の処理に必要なスキルとエージェントが持つスキルとの照合に基づいています。スキルは原則として、お客様が求めるサービスに関連付けられています。従って、サービスを設定するときに、このサービスを代表する既定スキルがシステムによって自動的に作成されます。 チームをサービスに割り当てる場合、サービスの既定スキルが当該のチームの全エージェントに自動的に割り当てられます。

ただし、多くの場合、1つのスキルだけでは、サービスに対するお客様の要求が十分に満たされない可能性があります。例えば、総合サポートサービスには、特定の製品を担当するエージェントがいるとします。この場合、サポート専用の既定スキルに加えて、製品タイプ専用のキルを定義し、それらを特定の製品を担当するエージェントに割り当てる必要があります。上記のように、手動で定義および割り当てが行われる追加のスキルは、補助スキルと呼ばれます。

補助スキルはグループベースのルーティングにも使用できます。システムがあるお客様の以前の対話を処理したエージェントに同じお客様の対話を割り当てるというパーソナルルーティングの例についてご説明します。このエージェントが受付不可の状態である場合、システムはこの対話を、その特定のエージェントと同じ属性を共有するエージェントのグループにルーティングできます(例えば、同じオフィスで働くなど)。このような共通の属性は補助スキルとして説明できます。詳しい情報は、 シナリオビルダーリファレンスガイド エージェントの検索ブロックをご覧ください。

バージョン5.1以降、言語スキルは 言語スキルとして、他のスキルとは別に設定されます。Bright Patternコンタクトセンターの旧バージョンの場合、言語スキルは補助スキルの一つとして 設定できます。言語が以前に設定された場合、それらは補助スキルのリストで "言語 - 旧バージョン"として表示されます。

ご注意:補助スキルは音声およびチャットメディアチャンネルでのみ使用できます。


コールセンター設定 > 補助スキル


補助スキルの作成方法

補助スキルを作成するには、コールセンター設定メニューから 補助スキル を選択します。 Bright Pattern コンタクトセンターでは、関連するスキルはグループにまとめられています。関連するスキルの新しいグループを設定するには、スキルグループの追加をクリックしグループ名を入力します(例:会計)。この新しいグループ内でスキルを定義するには、スキルの追加をクリックしスキル名を入力します(例: "AP")。コンタクトセンターで使用されているすべての会計スキルに対して、後者の手順を繰り返します。スキル名は、グループ内だけではなく、コンタクトセンター全体でユニークでなければなりません。サービス名は既定のサービススキルに使用されるため、補助スキル名はサービス名と一致しない場合があります。


以前に設定したスキルとスキルグループを編集または削除するには、その名前の上にカーソルを合わせ、編集 Language-Edit-51.pngまたは削除 Language-Delete-51.pngをクリックします。

ご注意:グループを削除すると、このグループ内の全てのスキルも削除されます。既定のサービススキルと違って、補助スキルはエージェントに明確に割り当てなければなりません。詳しい情報は、スキルレベル をご覧ください。

< 前へ | 次へ >