From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "ダウンロードするファイルは、ファイル拡張子 '' .jrxml ''または '' .bpxml ''のどちらかで利用可能です。 CSVレポートのみに''.bpxml''フ...")
(Created page with "=== パラメータタブ === ==== レポートパラメータリスト ==== このレポートを生成するには、''レポートパラメータリスト''を指定しな...")
 
(5 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 39: Line 39:
 
ダウンロードするファイルは、ファイル拡張子 '' .jrxml ''または '' .bpxml ''のどちらかで利用可能です。 CSVレポートのみに''.bpxml''ファイル拡張子が付きます。 [[custom-reporting-tutorial/Overview | BPXML形式のカスタムCSVレポート]]の作成に関する詳しい情報は、 ''カスタムレポートガイダンス ''をご覧ください。
 
ダウンロードするファイルは、ファイル拡張子 '' .jrxml ''または '' .bpxml ''のどちらかで利用可能です。 CSVレポートのみに''.bpxml''ファイル拡張子が付きます。 [[custom-reporting-tutorial/Overview | BPXML形式のカスタムCSVレポート]]の作成に関する詳しい情報は、 ''カスタムレポートガイダンス ''をご覧ください。
  
If you wish to create a new custom report via the modification of an existing template, you can export the desired template by selecting it from the list and clicking '''download'''. If the desired existing template consists of several files, they will be downloaded in a zip file, and the master file that links all other files into a single report template will have the suffix ''_master''.
+
既存のテンプレートを変更して新しいカスタムレポートを作成する場合は、リストから対象のテンプレートを選択し '''ダウンロード '''をクリックし既存のテンプレートをエクスポートします。対象のテンプレートが複数のファイルで構成されている場合、それらはzipファイルとしてダウンロードされ、全てのファイルを単一のレポートテンプレートにリンクするマスターファイルの末尾には、''_master''が付きます。
  
==== Do not show in Reports section ====
+
==== レポートセクションに表示しない ====
This property indicates whether this report shall appear in the menu of reports available for generating and viewing in the Contact Center Administrator application. You can select this option if the given report is only intended for scheduled generation and distribution. See section ''Scheduled Reports'' for more information.
+
このプロパティは、特定のレポートがコンタクトセンター管理者アプリケーションで生成および表示できるレポートのメニューに表示されるかどうかを示します。特定のレポートが定期作成および配信のみを目的としている場合は、このオプションを選択できます。詳細については、''定期レポート''をご覧ください。
  
==== Description ====
+
==== 詳細 ====
Use the ''Description'' field to provide additional information about this report (e.g., its main purpose and intended audience).
+
特定のレポートに関する追加情報を入力するには、''詳細''フィールドを使用します (例えば、レポートの主な目的や対象者)
  
  
=== Parameters tab ===
+
=== パラメータタブ ===
==== List of report parameters ====
+
==== レポートパラメータリスト ====
The ''List of report parameters'' must be specified for the generation of this report. These are read-only.
+
このレポートを生成するには、''レポートパラメータリスト''を指定しなければなりません。これらは、読み取り専用です。

Latest revision as of 15:27, 7 May 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

レポートテンプレート

Bright Pattern コンタクトセンターは、コンタクトセンターサービスおよびシナリオの効率、エージェントおよびエージェントチームのパフォーマンスを評価するための様々なレポートを提供します。これらのレポートはJaspersoftのレポート作成ツールを使って作成されます。レポートはコンタクトセンター管理者アプリケーションで直接作成および表示できます。これらのレポートに含まれるメトリックスの詳細については、 Bright Pattern Contact Centerのレポートリファレンスガイド をご覧ください。

これらの定義済みレポートが貴社のコンタクトセンターのニーズをカバーしきれない場合は、カスタムレポートが作成できます。カスタムレポートを作成するには、Bright Patternコンタクトセンターのレポートデータベースに保存されている履歴データの詳細を参照してください(Bright Pattern コンタクトセンターのレポートデータベースの詳細)。

カスタムレポートの作成、生成、および表示には、SQLベースのレポート作成アプリケーションが使用できます。ただし、TIBCO Jaspersoft Studioアプリケーションをカスタムレポートの作成に使うと、(1)定義済みのレポートテンプレートを必要に応じて変更しながら利用でき、(2)そのようなレポートを定義済みのレポートと同様に、コンタクトセンター管理者アプリケーションで直接生成および表示できます。カスタムレポートテンプレートを作成するためのJaspersoft Studioの設定方法の詳細については、カスタムレポートガイダンスをご覧ください。

ご注意: Jaspersoftには、iReport DesignerとJaspersoft Studio、レポート作成用の2つのツールがあります。 Bright Pattern コンタクトセンターソリューションのカスタムレポートテンプレートを作成するためのツールとしてサポートされているのは、Jaspersoft Studioだけです。

定義済みのレポートテンプレートおよびJaspersoft Studioベースのカスタムレポートテンプレートを使用するには、レポートメニューからレポートテンプレートオプションを選択します。事前定義済みのレポートおよび以前にアップロードしたカスタムレポートテンプレートの両方がリストとして表示されます。新しいレポートテンプレートを定義してアップロードするには、“+” 記号の付いたボタンをクリックします。


レポート > レポートテンプレート


画面プロパティ

2つのタブにまとめられているレポートテンプレートの画面プロパティは、以下の通りです。


プロパティタブ

名前

レポートテンプレートに名前を付けます。名前というパラメータは必須です。

カテゴリ

レポートのカテゴリを選択します。 カテゴリ というパラメータは必須です。カスタムレポートが使用可能なカテゴリのいずれにもに適合しない場合は、カテゴリの管理を選択し新しいカテゴリを定義できます。

レポートテンプレート

アップロード

新しいレポートテンプレートを定義するには、アップロードをクリックします。

アップロードできるのは、.jrxml または .bpxmlのファイルのみです。

JRXMLレポートテンプレートは、TIBCO Jaspersoft Studioアプリケーションで作成および変更されます。レポートが複数のjrxmlファイルに基づく場合は、それらのファイルをアップロード用のzipファイルに圧縮しなければなりません。全てのファイルを単一のレポートテンプレートにリンクするマスターファイルの末尾に_masterを付けなければなりません。


ダウンロード

レポートテンプレートをダウンロードするには、ダウンロードをクリックします。

ダウンロードするファイルは、ファイル拡張子 .jrxml または .bpxml のどちらかで利用可能です。 CSVレポートのみに.bpxmlファイル拡張子が付きます。 BPXML形式のカスタムCSVレポートの作成に関する詳しい情報は、 カスタムレポートガイダンス をご覧ください。

既存のテンプレートを変更して新しいカスタムレポートを作成する場合は、リストから対象のテンプレートを選択し ダウンロード をクリックし既存のテンプレートをエクスポートします。対象のテンプレートが複数のファイルで構成されている場合、それらはzipファイルとしてダウンロードされ、全てのファイルを単一のレポートテンプレートにリンクするマスターファイルの末尾には、_masterが付きます。

レポートセクションに表示しない

このプロパティは、特定のレポートがコンタクトセンター管理者アプリケーションで生成および表示できるレポートのメニューに表示されるかどうかを示します。特定のレポートが定期作成および配信のみを目的としている場合は、このオプションを選択できます。詳細については、定期レポートをご覧ください。

詳細

特定のレポートに関する追加情報を入力するには、詳細フィールドを使用します (例えば、レポートの主な目的や対象者)。


パラメータタブ

レポートパラメータリスト

このレポートを生成するには、レポートパラメータリストを指定しなければなりません。これらは、読み取り専用です。

< 前へ | 次へ >