From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "==== 詳細 ==== 特定のレポートに関する追加情報を入力するには、''詳細''フィールドを使用します (例えば、レポートの主な目的や...")
(Created page with "=== パラメータタブ === ==== レポートパラメータリスト ==== このレポートを生成するには、''レポートパラメータリスト''を指定しな...")
 
Line 48: Line 48:
  
  
=== Parameters tab ===
+
=== パラメータタブ ===
==== List of report parameters ====
+
==== レポートパラメータリスト ====
The ''List of report parameters'' must be specified for the generation of this report. These are read-only.
+
このレポートを生成するには、''レポートパラメータリスト''を指定しなければなりません。これらは、読み取り専用です。

Latest revision as of 15:27, 7 May 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

レポートテンプレート

Bright Pattern コンタクトセンターは、コンタクトセンターサービスおよびシナリオの効率、エージェントおよびエージェントチームのパフォーマンスを評価するための様々なレポートを提供します。これらのレポートはJaspersoftのレポート作成ツールを使って作成されます。レポートはコンタクトセンター管理者アプリケーションで直接作成および表示できます。これらのレポートに含まれるメトリックスの詳細については、 Bright Pattern Contact Centerのレポートリファレンスガイド をご覧ください。

これらの定義済みレポートが貴社のコンタクトセンターのニーズをカバーしきれない場合は、カスタムレポートが作成できます。カスタムレポートを作成するには、Bright Patternコンタクトセンターのレポートデータベースに保存されている履歴データの詳細を参照してください(Bright Pattern コンタクトセンターのレポートデータベースの詳細)。

カスタムレポートの作成、生成、および表示には、SQLベースのレポート作成アプリケーションが使用できます。ただし、TIBCO Jaspersoft Studioアプリケーションをカスタムレポートの作成に使うと、(1)定義済みのレポートテンプレートを必要に応じて変更しながら利用でき、(2)そのようなレポートを定義済みのレポートと同様に、コンタクトセンター管理者アプリケーションで直接生成および表示できます。カスタムレポートテンプレートを作成するためのJaspersoft Studioの設定方法の詳細については、カスタムレポートガイダンスをご覧ください。

ご注意: Jaspersoftには、iReport DesignerとJaspersoft Studio、レポート作成用の2つのツールがあります。 Bright Pattern コンタクトセンターソリューションのカスタムレポートテンプレートを作成するためのツールとしてサポートされているのは、Jaspersoft Studioだけです。

定義済みのレポートテンプレートおよびJaspersoft Studioベースのカスタムレポートテンプレートを使用するには、レポートメニューからレポートテンプレートオプションを選択します。事前定義済みのレポートおよび以前にアップロードしたカスタムレポートテンプレートの両方がリストとして表示されます。新しいレポートテンプレートを定義してアップロードするには、“+” 記号の付いたボタンをクリックします。


レポート > レポートテンプレート


画面プロパティ

2つのタブにまとめられているレポートテンプレートの画面プロパティは、以下の通りです。


プロパティタブ

名前

レポートテンプレートに名前を付けます。名前というパラメータは必須です。

カテゴリ

レポートのカテゴリを選択します。 カテゴリ というパラメータは必須です。カスタムレポートが使用可能なカテゴリのいずれにもに適合しない場合は、カテゴリの管理を選択し新しいカテゴリを定義できます。

レポートテンプレート

アップロード

新しいレポートテンプレートを定義するには、アップロードをクリックします。

アップロードできるのは、.jrxml または .bpxmlのファイルのみです。

JRXMLレポートテンプレートは、TIBCO Jaspersoft Studioアプリケーションで作成および変更されます。レポートが複数のjrxmlファイルに基づく場合は、それらのファイルをアップロード用のzipファイルに圧縮しなければなりません。全てのファイルを単一のレポートテンプレートにリンクするマスターファイルの末尾に_masterを付けなければなりません。


ダウンロード

レポートテンプレートをダウンロードするには、ダウンロードをクリックします。

ダウンロードするファイルは、ファイル拡張子 .jrxml または .bpxml のどちらかで利用可能です。 CSVレポートのみに.bpxmlファイル拡張子が付きます。 BPXML形式のカスタムCSVレポートの作成に関する詳しい情報は、 カスタムレポートガイダンス をご覧ください。

既存のテンプレートを変更して新しいカスタムレポートを作成する場合は、リストから対象のテンプレートを選択し ダウンロード をクリックし既存のテンプレートをエクスポートします。対象のテンプレートが複数のファイルで構成されている場合、それらはzipファイルとしてダウンロードされ、全てのファイルを単一のレポートテンプレートにリンクするマスターファイルの末尾には、_masterが付きます。

レポートセクションに表示しない

このプロパティは、特定のレポートがコンタクトセンター管理者アプリケーションで生成および表示できるレポートのメニューに表示されるかどうかを示します。特定のレポートが定期作成および配信のみを目的としている場合は、このオプションを選択できます。詳細については、定期レポートをご覧ください。

詳細

特定のレポートに関する追加情報を入力するには、詳細フィールドを使用します (例えば、レポートの主な目的や対象者)。


パラメータタブ

レポートパラメータリスト

このレポートを生成するには、レポートパラメータリストを指定しなければなりません。これらは、読み取り専用です。

< 前へ | 次へ >