From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "=== ターゲットビットレート === このパラメータは画面記録の最大ビットレートを設定します。それはビデオ画質とサイズのバラン...")
(Created page with "以下のオプションを使うことによって、複数画面の録画を簡単に表示できます。 * '''全てを録画する''' - 全画面が録画されます(...")
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 30: Line 30:
 
このパラメータは画面記録の最大ビットレートを設定します。それはビデオ画質とサイズのバランスを達成するために使われます。サービスプロバイダーによって最大ビットレートに制限がかかる場合がありますので、ご注意ください。
 
このパラメータは画面記録の最大ビットレートを設定します。それはビデオ画質とサイズのバランスを達成するために使われます。サービスプロバイダーによって最大ビットレートに制限がかかる場合がありますので、ご注意ください。
  
=== Do not record session when agent states are ===
+
=== エージェントが以下の状態である場合、セッションを録画しない ===
You can specify which sessions should not be recorded when the agent is in a particular state:
+
以下の中、録画が行われないエージェントの状態を指定できます:
* Ready
+
* 受付可能
* Not Ready
+
* 受付不可
* Busy
+
* 話中
* After Call Work
+
* 後処理
* Supervision
+
* 監視
  
=== Multiple monitors ===
+
=== 複数のモニター ===
In some contact centers, agents use multiple monitors, and all screens are recorded and compiled into a single view. Because the screens are compacted into this view, it can be difficult to see the contents of each screen.
+
一部のコンタクトセンターでは、エージェントが複数のモニターを使用しているため、全ての画面が録画され、単一ビューにまとめられます。画面はこのビューに圧縮されているため、各画面の内容を確認するのは困難です。
  
The following options make it easier to view the recordings of multiple screens:
+
以下のオプションを使うことによって、複数画面の録画を簡単に表示できます。
* '''Record all''' - All screens are recorded (default setting)
+
* '''全てを録画する''' - 全画面が録画されます(初期設定)。
* '''Record primary monitor only''' - Only the screen defined as primary in the OS settings shall be recorded
+
* '''メインモニターのみを録画する''' - OS設定上メインとして指定された画面のみ録画されます。
* '''Record largest monitor only''' - Only the screen with the highest resolution shall be recorded (if all screens have the same resolution, the primary screen shall be selected for recording)
+
* '''最大モニターのみを録画する''' - 最高解像度の画面のみが録画されます(全画面が同じ解像度である場合は、メイン画面が選択されます)。

Latest revision as of 07:12, 7 May 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

画面録画

Bright Pattern コンタクトセンターでは、作業セッション中にエージェントのデスクトップ画面のビデオの録画、後で見るための保存ができます。これらのビデオは、品質管理およびトレーニング目的に使用できます。詳しい情報については、 Bright Pattern コンタクトセンターのレポートリファレンスガイド画面録画をご覧ください。

画面録画機能は、サービスプロバイダーがそれを有効にしない限り、ご利用いただけません。この機能が有効になっていても、画面録画の保存用に割り当てられている容量は、サービスプロバイダーによって制限される場合があります。計画している品質管理及び/またはトレーニングタスクに対してのみ以下の画面録画オプションを有効にし、それらのタスクが完了したらすぐにそのオプションを無効にすることをお勧めします。

画面録画設定を行うには、品質管理メニューから画面録画を選択します。


品質管理 > 画面録画


画面プロパティ

画面録画の画面プロパティは以下の通りです。

次に指定されたチームの全エージェントのログインセッション

システムは、指定されたチームの全メンバーのログインセッション(終了したもの)の画面記録を実行します。チームを追加するには、 編集 をクリックします。

次に指定されたエージェントのログインセッション

ここで個別に指定されたエージェントのログインセッション(終了したもの)の画面記録が実行されます。エージェントを追加するには、 編集 をクリックします。

全エージェントのログインセッションを録画する

コンタクトセンターの全エージェントのすべてのログインセッションを録画する場合は、このチェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択すると、上記の2つのオプションは、以前の設定に関係なく、全てを録画するに変更されます。

画面録画の保存に割り当てられる容量に制限がかかる場合があるため、このオプションを有効にする前にサービスプロバイダーに相談しなければなりません。

セッションの [X]%を録画する

この割合を指定することによって、システムはログイン中のエージェントの全セッションに対して指定された割合を録画します。例えば、30という値を入力すると、システムはエージェントデスクトップにログインしているエージェントのセッションの30%を録画します。

ターゲットビットレート

このパラメータは画面記録の最大ビットレートを設定します。それはビデオ画質とサイズのバランスを達成するために使われます。サービスプロバイダーによって最大ビットレートに制限がかかる場合がありますので、ご注意ください。

エージェントが以下の状態である場合、セッションを録画しない

以下の中、録画が行われないエージェントの状態を指定できます:

  • 受付可能
  • 受付不可
  • 話中
  • 後処理
  • 監視

複数のモニター

一部のコンタクトセンターでは、エージェントが複数のモニターを使用しているため、全ての画面が録画され、単一ビューにまとめられます。画面はこのビューに圧縮されているため、各画面の内容を確認するのは困難です。

以下のオプションを使うことによって、複数画面の録画を簡単に表示できます。

  • 全てを録画する - 全画面が録画されます(初期設定)。
  • メインモニターのみを録画する - OS設定上メインとして指定された画面のみ録画されます。
  • 最大モニターのみを録画する - 最高解像度の画面のみが録画されます(全画面が同じ解像度である場合は、メイン画面が選択されます)。
    < 前へ | 次へ >