From Bright Pattern Documentation
< 5.3:Contact-center-administrator-guide‎ | CallCenterConfiguration‎ | IntegrationAccounts
Revision as of 07:58, 14 September 2020 by imported>Marina
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Next Callerとの統合

Bright PatternはNext Callerと統合することにより、受信されるチャットの不明な発信者を特定することおよびクラウドでアクセスできる新しい情報をコンタクトデータに追加することができます。

プロパティ

Next Callerタイプの統合アカウントのプロパティは、以下の通りです。


Next Caller 統合アカウントのプロパティ


アカウント名

アカウント名 はこの統合アカウントの名前を意味します。

サンドボックスモード

このアカウントをサンドボックスモードで使用する場合は、サンドボックスモードチェックボックスを選択します。

ユーザー名

ユーザー名(文字列)は、基本アクセス認証方式を使用するNext Caller APIの認証に使うユーザー名です。ユーザー名は、アカウントを作成するときに付与されます。

パスワード

パスワード (文字列)は、Next Caller APIの認証に使うパスワードです。パスワードは、アカウントを作成するときに付与されます。

接続テスト

接続テストボタンを使うと、認証情報のテスト、接続状況の確認が可能です。

フィールドマッピング

コンタクトデータフォームに内部フィールドまたは外部フィールドを追加するには、フィールドマッピングタブを使用します。 Next Callerはこれらのフィールドにクラウドで見つかったデータを入力します。


フィールドマッピング


内部フィールドを追加する方法

  1. 追加をクリックします。
  2. '<none>をクリックしマッピングの選択ドロップダウンセレクタを確認します。
  3. コンタクトフォルダーを開き、追加するフィールドのタイプを選択します。


一回に追加できるフィールドは1つだけです。カテゴリ(住所、タイプ別電話、順番付けの電話、順番付けのソーシャルリンク、タイプ別メール、順番付けのメール)または基本タイプ(タイトル、名、姓、役職、セグメント、概要、生年月日、メッセンジャー、ステータス、my_custom_field)からフィールドを選択できます。

< 前へ | 次へ >