From Bright Pattern Documentation
< 5.3:Reporting-reference-guide
Revision as of 14:24, 20 December 2019 by Marina (talk | contribs) (Created page with "次の例をご参照ください: * 11:00:00:005に応答され、11:00:00:998に終了したコールの通話時間は レポート上で0秒 (00:00:00)になります...")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

詳細レポートに関する一般情報

ここでは、エージェントアクティビティとコンタクトセンター対話の詳細記録を含むレポートについて説明します:


これらのレポートは、Bright Patternコンタクトセンターですぐに利用可能なレポートです。

一部のパラメーターに電話対話専用の名前(例えば、通話時間保留時間外部の番号)が付いているにもかかわらず、これらのレポートは様々なメディアタイプの対話データを含みます。特定のメディアタイプに応じてパラメータを正しく解釈するには、パラメータの説明を参考にしてください。メディアタイプの区別が存在する場合、説明ではコールチャットメールという用語を使って特定のメディアタイプが特定されます。説明されているパラメーターが、サポートされているすべてのメディアタイプで同じ意味を持つ場合、原則として対話という用語が使われます。


ご注意: 詳細レポートの継続時間を表す全ての値は、終了時刻のカレンダー秒数から開始時刻のカレンダー秒数を引いて計算されます(つまり、ミリ秒は無視されます)。

次の例をご参照ください:

  • 11:00:00:005に応答され、11:00:00:998に終了したコールの通話時間は レポート上で0秒 (00:00:00)になります。
  • 11:00:00:995に応答され、11:00:01:005に終了したコールの通話時間は レポート上で1秒 (00:00:01) になります。
    < 前へ | 次へ >