From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "=== 指定時刻以前に終了 === ''指定時刻以前に終了''は、指定の日時以前に処理が終了した対話レコードを検索します。")
(Created page with "=== 転送済 === ''転送済''は、転送された対話のレコードを検索します。")
 
(24 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 14: Line 14:
  
 
== 検索基準の説明 ==
 
== 検索基準の説明 ==
これらの検索基準は、''対話記録> 検索'' ページのドロップダウン メニューに表示される順序で記載されています。ドロップダウン メニューに表示される基準は、検索対象として選択したメディアの種類 (音声、チャット、電子メールなど) によって異なります。'''ご注意''': 一部の基準は[[contact-center-administrator-guide/Privileges#BPO_Client_group|BPOクライアント権限 ]]  のみを付与されたユーザーがご利用できません。これらの基準にはアスタリスク '''(*)'''が付きます。
+
これらの検索基準は、''対話記録> 検索'' ページのドロップダウン メニューに表示される順序で記載されています。ドロップダウン メニューに表示される基準は、検索対象として選択したメディアの種類 (音声、チャット、電子メールなど) によって異なります。'''ご注意''': 一部の条件は[[contact-center-administrator-guide/Privileges#BPO_Client_group|BPOクライアント権限 ]]  のみを付与されたユーザーがご利用できません。これらの条件にはアスタリスク '''(*)'''が付きます。
  
 
=== ナレッジテンプレートの使用あり * ===  
 
=== ナレッジテンプレートの使用あり * ===  
''ナレッジテンプレートの使用あり'' ("KM"については、 "ナレッジ・マネジメント"を参照) は、いずれかの [[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|ナレッジ・ベース]]の記事が使用された対話記録を検索します。''ナレッジテンプレートの使用あり''は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この基準は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。   
+
''ナレッジテンプレートの使用あり'' ("KM"については、 "ナレッジ・マネジメント"を参照) は、いずれかの [[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|ナレッジ・ベース]]の記事が使用された対話のレコードを検索します。''ナレッジテンプレートの使用あり''は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。   
  
 
=== アカウント番号 ===
 
=== アカウント番号 ===
Line 46: Line 46:
 
''指定時刻以前に終了''は、指定の日時以前に処理が終了した対話レコードを検索します。
 
''指定時刻以前に終了''は、指定の日時以前に処理が終了した対話レコードを検索します。
  
=== first name * ===
+
=== * ===  
''first name'' returns records of interactions handled by agents with the specified first name. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.  
+
''''は、指定の名を持つエージェントによって処理された対話レコード を検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。  
  
=== from ===
+
=== 発信先 ===
''from'' returns records of interactions originated from the specified address.
+
'' 発信先''は指定のアドレスから発信された対話のレコードを検索します。
* For inbound calls, ''from'' is the Caller ID.
+
* 受信コールの場合、''発信先''とは発信者 IDです。
* For outbound and internal calls, ''from'' is the extension from which the call was dialed.
+
* 発信コールと内部コールの場合、''発信先'' は、コールの発信元の内線番号です。
* For chats, ''from'' is the IP address of the originating computer.
+
* チャットの場合、 ''発信先''は発信元コンピューターのIPアドレスです。
  
 
=== global interaction_id ===
 
=== global interaction_id ===
''global interaction_id'' returns interaction record(s) with the specified [[reporting-reference-guide/GlobalInteractionIdentifier|Global interaction identifier]].
+
''global interaction_id'' は、指定の[[reporting-reference-guide/GlobalInteractionIdentifier|グローバル対話ID]]のある対話のレコードを検索します。
  
=== has call problem * ===
+
=== 通話障害あり * ===
''has call problem'' is used to search for calls that were marked by agents as [[agent-guide/HowtoReportaCallQualityProblem|calls with quality problems]]. You can select a particular type of problem or set it to ''any'' to get all records with quality problems of any kind. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.  
+
''通話障害あり'' は、エージェントによって[[agent-guide/HowtoReportaCallQualityProblem|品質問題のある通話]]としてマークされた通話を検索します。特定タイプの問題を選択するか、''全て''に設定して、品質問題のあるすべてのレコードを取得できます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。  
  
=== has recording ===
+
=== 録音あり ===  
''has recording'' returns records of calls that have voice recordings available for playback in the system. This search condition does not return records of calls whose recordings were deleted due to the data storage limits imposed by your service provider.
+
''録音あり'' は、システムで再生可能な録音がある通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージの制限に基づいて録音が削除された通話のレコードが表示されません。
  
=== has screen recording * ===
+
=== 画面録画あり * ===
''has screen recording'' returns records of calls that have screen recordings available for playback in the system. This search condition does not return records of calls whose recordings were deleted due to the data storage limits imposed by your service provider. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.  
+
''画面録画あり''は、システムで再生可能な画面録画がある通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージの制限に基づいて録画が削除された通話のレコードが表示されません。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。  
  
=== has voice signature ===
+
=== 音声署名あり ===
''has voice signature'' returns records of calls during which a voice signature was collected from the customer. This search condition returns records of calls whose recordings were deleted due to the data storage limits imposed by your service provider. Assuming that you had those recordings exported and stored externally, you can use details of such records (e.g., ''GIID'') to look for those recordings in your external storage.
+
''音声署名あり''は、音声署名がお客様から収集された通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージ制限に基づく録音が削除された通話のレコードも表示されます。これらの録音をエクスポートして外部で保存したと仮定すると、当該録音の詳細(''GIID''など)を使って、外部ストレージでそれらを検索できます。
  
=== in email subject * ===
+
=== メールの件名 * ===
''in email subject'' returns records of all email interactions containing the specified text in their subject. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.  
+
''メールの件名''は、件名に指定のテキストを含む全てのメール対話を検索します。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。  
  
=== last name * ===
+
=== * ===
''last name'' returns records of interactions handled by agents with the specified last name. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.  
+
''''は、指定の姓を持つエージェントによって処理された対話のレコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。  
  
 
=== my_custom_field * ===
 
=== my_custom_field * ===
''my_custom_field'' allows you to specify the value of a field to filter interactions.This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''my_custom_field''を使うことによって、フィールドの値を指定して対話をフィルタリングできます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== no KM template used * ===
+
=== ナレッジテンプレートの使用なし * ===  
''no KM template used'' (where "KM" refers to "Knowledge Management") returns records of interactions where no [[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|Knowledge Base]] articles were used. This search condition applies to text-based interactions only. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''ナレッジテンプレートの使用なし'' ("KM"については、 "ナレッジ・マネジメント"を参照) は、[[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|ナレッジ・ベース]]の記事が使用されていない対話レコードを検索します。この検索条件は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== sentiment as float * ===
+
=== センチメント(浮動小数)* ===
''sentiment as float'' is the average values of sentiments for interactions. This can be calculated if a tenant has [[contact-center-administrator-guide/PropertiesTab#Natural_Language_Understanding|Natural Language Understanding (NLU)]] integration account configured and set for services. If administrators use this criterion, they can find interaction with negative or positive sentiments. For example, searching for a value of "< -0.5" will yield negative sentiment results or searching for a value of "> 0.75" will yield positive sentiment results. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''センチメント(浮動小数)''は、対話のセンチメントの平均値を意味します。この値は、テナントがサービス用に構成および設定されている[[contact-center-administrator-guide/PropertiesTab#Natural_Language_Understanding|自然言語理解 (NLU)]] 統合アカウントを持っている場合に計算できます。管理者は、この基準を使うことで否定的または肯定的なセンチメントのある対話を検索できます。例えば、"< -0.5"の値を検索すると、否定的なセンチメント結果が得られ、一方、 "> 0.75"の値を検索すると、肯定的なセンチメント結果が得られます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== service ===
+
=== サービス ===
''service'' returns records of interactions associated with the specified service.
+
''サービス''は、指定のサービスに関連付けられた対話のレコードを検索します。
  
=== specific KM template used * ===
+
===特定のナレッジテンプレートの使用あり * ===
''specific KM template used'' returns records of interactions where the specified [[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|Knowledge Base]] article was used. This search condition applies to text-based interactions only. This criterion is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''特定のナレッジテンプレートの使用あり'' は、特定の [[contact-center-administrator-guide/KnowledgeBase|ナレッジ・ベース]]の記事が使用された対話のレコードを検索します。この検索条件は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== started after ===
+
=== 指定時刻以降に開始 ===  
''started after'' returns records of interactions that were originated or received after the specified date and time.
+
''指定時刻以降に開始''は、指定の日時以降に発信または受信された対話レコードを検索します。
  
=== started before ===
+
=== 指定時刻以前に開始 ===  
''started before'' returns records of interactions that were originated or received before the specified the date and time.
+
''指定時刻以前に開始''は、指定の日時以前に発信または受信された対話レコードを検索します。
  
=== text search * ===
+
===テキスト検索 * ===
''text search'' can be selected as a search condition in order to enable interaction records (voice and chat only) to be fetched according to results of Full Text Search for a [[reporting-reference-guide/CustomerConversationPatternsReport|Patterns]] report. A text index is created for ''chat_transcripts.messages.msg'' if ''chat_transcripts.messages.event = “party_message”''. This criteria is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''テキスト検索''は、[[reporting-reference-guide/CustomerConversationPatternsReport|パターン]] レポートのために行われる全文検索の結果に従って、対話レコード (音声とチャットのみ) を取得できるように検索条件として選択できます。 ''chat_transcripts.messages.event = “party_message”''の場合、 ''chat_transcripts.messages.msg''のためのテキストインデックスが作成されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== thread ID * ===
+
=== スレッド ID * ===
''thread ID'' returns records of email interactions associated with the specified [[agent-guide/UnderstandingEmailCasesandThreads|email thread]]. This criteria is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''スレッド ID'' は、指定の [[agent-guide/UnderstandingEmailCasesandThreads|メールスレッド]]に関連するメール対話のレコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== to ===
+
=== 宛先 ===
''to'' returns records of interactions sent to the specified original destination.
+
''宛先''は、指定された元の宛先に送信された対話のレコードを検索します。
* For inbound calls, ''to'' returns the number originally dialed by the caller.
+
* 受信コールの場合、 ''宛先''は発信者が最初にダイヤルした番号を検索します。
* For chats, ''to'' returns name of the [[contact-center-administrator-guide/Messaging|messaging/chat scenario entry]].
+
* チャットの場合は、 ''宛先''[[contact-center-administrator-guide/Messaging|メッセージ送信/チャットシナリオエントリー]]の名前を検索します。
  
=== was flagged * ===
+
=== フラグ付き * ===
''was flagged'' returns records of interactions that were [[agent-guide/WaystoRequestAssistance|flagged]]. This criteria is not available to users who only have BPO client privileges.
+
''フラグ付き''は、[[agent-guide/WaystoRequestAssistance|フラグ]]の付いた対話のレコードを検索します。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。
  
=== was transferred ===
+
=== 転送済 ===
''was transferred'' returns records of interactions that were transferred.
+
''転送済''は、転送された対話のレコードを検索します。

Latest revision as of 16:36, 12 December 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

検索基準

対話記録の検索は、特定の検索基準で絞り込むことができます。例えば、特定のエージェントに関連する対話記録を検索する場合は、そのエージェントに関連する対話記録の検索結果を表示するために、エージェント名を指定して検索に エージェントという条件を追加できます。


利用可能な検索基準を確認するには、"条件追加" をクリックします。


これらの検索基準は、条件追加をクリックすると表示されるドロップダウンメニューに一覧表示されます。


検索条件を選択します。


検索基準の説明

これらの検索基準は、対話記録> 検索 ページのドロップダウン メニューに表示される順序で記載されています。ドロップダウン メニューに表示される基準は、検索対象として選択したメディアの種類 (音声、チャット、電子メールなど) によって異なります。ご注意: 一部の条件はBPOクライアント権限 のみを付与されたユーザーがご利用できません。これらの条件にはアスタリスク (*)が付きます。

ナレッジテンプレートの使用あり *

ナレッジテンプレートの使用あり ("KM"については、 "ナレッジ・マネジメント"を参照) は、いずれかの ナレッジ・ベースの記事が使用された対話のレコードを検索します。ナレッジテンプレートの使用ありは、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

アカウント番号

アカウント番号という条件は、アカウント番号というフィールドに指定の値を含む呼び出しリストのレコードに対して行われたコール試行 を検索します。

エージェント *

エージェントは、指定のユーザー名を持つエージェントによって処理された対話レコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

ケースID *

ケース IDは指定の ケースに関連付けられたメールの対話レコードを検索します。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

接続先 *

接続先は、指定の電話番号で応答されたコールレコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

方向

方向 は、検索を着信、発信、または内部の対話のみに制限するために使用できます。すべての方向がすべてのメディアタイプに適用されるわけではありません。

対話結果

対話結果 は、指定の対話結果で処理された対話レコードを検索します。

時間

時間 は、全体の時間が指定値より長いまたは短い対話レコードを検索します。

指定時刻以降に終了

指定時刻以降に終了は、指定の日時以降に処理が終了した対話レコードを検索します。

指定時刻以前に終了

指定時刻以前に終了は、指定の日時以前に処理が終了した対話レコードを検索します。

名 *

は、指定の名を持つエージェントによって処理された対話レコード を検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

発信先

発信先は指定のアドレスから発信された対話のレコードを検索します。

  • 受信コールの場合、発信先とは発信者 IDです。
  • 発信コールと内部コールの場合、発信先 は、コールの発信元の内線番号です。
  • チャットの場合、 発信先は発信元コンピューターのIPアドレスです。

global interaction_id

global interaction_id は、指定のグローバル対話IDのある対話のレコードを検索します。

通話障害あり *

通話障害あり は、エージェントによって品質問題のある通話としてマークされた通話を検索します。特定タイプの問題を選択するか、全てに設定して、品質問題のあるすべてのレコードを取得できます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

録音あり

録音あり は、システムで再生可能な録音がある通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージの制限に基づいて録音が削除された通話のレコードが表示されません。

画面録画あり *

画面録画ありは、システムで再生可能な画面録画がある通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージの制限に基づいて録画が削除された通話のレコードが表示されません。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

音声署名あり

音声署名ありは、音声署名がお客様から収集された通話のレコードを検索します。この検索結果には、サービスプロバイダーによって課されたデータストレージ制限に基づく録音が削除された通話のレコードも表示されます。これらの録音をエクスポートして外部で保存したと仮定すると、当該録音の詳細(GIIDなど)を使って、外部ストレージでそれらを検索できます。

メールの件名 *

メールの件名は、件名に指定のテキストを含む全てのメール対話を検索します。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

姓 *

は、指定の姓を持つエージェントによって処理された対話のレコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

my_custom_field *

my_custom_fieldを使うことによって、フィールドの値を指定して対話をフィルタリングできます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

ナレッジテンプレートの使用なし *

ナレッジテンプレートの使用なし ("KM"については、 "ナレッジ・マネジメント"を参照) は、ナレッジ・ベースの記事が使用されていない対話レコードを検索します。この検索条件は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

センチメント(浮動小数)*

センチメント(浮動小数)は、対話のセンチメントの平均値を意味します。この値は、テナントがサービス用に構成および設定されている自然言語理解 (NLU) 統合アカウントを持っている場合に計算できます。管理者は、この基準を使うことで否定的または肯定的なセンチメントのある対話を検索できます。例えば、"< -0.5"の値を検索すると、否定的なセンチメント結果が得られ、一方、 "> 0.75"の値を検索すると、肯定的なセンチメント結果が得られます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

サービス

サービスは、指定のサービスに関連付けられた対話のレコードを検索します。

特定のナレッジテンプレートの使用あり *

特定のナレッジテンプレートの使用あり は、特定の ナレッジ・ベースの記事が使用された対話のレコードを検索します。この検索条件は、テキストベースの対話にのみ適用されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

指定時刻以降に開始

指定時刻以降に開始は、指定の日時以降に発信または受信された対話レコードを検索します。

指定時刻以前に開始

指定時刻以前に開始は、指定の日時以前に発信または受信された対話レコードを検索します。

テキスト検索 *

テキスト検索は、パターン レポートのために行われる全文検索の結果に従って、対話レコード (音声とチャットのみ) を取得できるように検索条件として選択できます。 chat_transcripts.messages.event = “party_message”の場合、 chat_transcripts.messages.msgのためのテキストインデックスが作成されます。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

スレッド ID *

スレッド ID は、指定の メールスレッドに関連するメール対話のレコードを検索します。この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

宛先

宛先は、指定された元の宛先に送信された対話のレコードを検索します。

フラグ付き *

フラグ付きは、フラグの付いた対話のレコードを検索します。 この条件は、BPO クライアント権限のみを付与されたユーザーがご利用できません。

転送済

転送済は、転送された対話のレコードを検索します。

< 前へ | 次へ >