From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "* ウェブRTCがコンタクトセンターで許可されている唯一の電話デバイスオプションである場合、 Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplicat...")
(Created page with "== Internet Explorer == * Internet Explorer (IE) ウェブブラウザーはウェブRTCをサポートしていません。")
 
(7 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 7: Line 7:
 
* お使いのコンピュータのスピーカーデバイスについては、ウェブブラウザーによって正確に通知されない場合があります。このため、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアは、使用されているオーディオデバイスを指すためにコンピュータのマイクを使います。
 
* お使いのコンピュータのスピーカーデバイスについては、ウェブブラウザーによって正確に通知されない場合があります。このため、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアは、使用されているオーディオデバイスを指すためにコンピュータのマイクを使います。
  
* ウェブRTCがコンタクトセンターで許可されている唯一の電話デバイスオプションである場合、 [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPクライアントプラグイン]] がインストール'''されていない限り''、次の機能はサポートされていません:
+
* ウェブRTCがコンタクトセンターで許可されている唯一の電話デバイスオプションである場合、 [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPClientプラグイン]] がインストールされていない '''限り'''、次の機能はサポートされていません:
** Screen monitoring (i.e., a user can monitor others, but they cannot be monitored)
+
** 画面監視 (つまり、ユーザーは他のユーザーを監視する機能を利用できますが、それらのユーザーが監視されません)
** Screen recording
+
** 画面録画
** The GUI popup for inbound interactions (i.e., outside of the web browser window)
+
** 受信対話用のGUIポップアップ (つまり、ウェブブラウザーウィンドウ外)
** Client-side diagnostic logging (i.e., BPClient.log)
+
** クライアント側の診断ログ(つまり、BPClient.log)
** Audio notifications through all audio devices (e.g., ringing on all devices)
+
**すべての音声デバイスに入る音声通知(例えば、すべてのデバイスでの着信音)
** The [[Simplified-desktop-net-api-specification/Purpose|Simplified Desktop .NET API]]
+
** [[Simplified-desktop-net-api-specification/Purpose|Simplified Desktop .NET API]]
** Business user presence detection (i.e., system input activity tracking)
+
** ビジネスユーザープレゼンス検出 (つまり、システム入力アクティビティ追跡)
** The G.729 codec
+
** G.729 コーデック
** For Salesforce.com integrations, the CTI phone in Salesforce Classic
+
**Salesforce.com統合の場合、Salesforce ClassicのCTI電話
  
* '''Note''': In order to use screen monitoring, both users (i.e., the host of the monitoring and monitored user) should have the [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPClient plugin]] installed.
+
'''ご注意''': 画面監視機能を使用するには、両方のユーザー(つまり、監視するユーザーと監視されるユーザー)は [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPClient プラグイン]] をインストールしなければなりません。
  
* Starting from Bright Pattern Contact Center version 5.5.0, the following codecs are supported:
+
*Bright Pattern コンタクトセンターバージョン5.5.0以降、次のコーデックがサポートされています:
** For browsers that support WebRTC:
+
** ウェブRTCをサポートするブラウザーの場合:
 
*** G.711 mu-law, a-law, G.722  
 
*** G.711 mu-law, a-law, G.722  
** If the Agent Desktop Helper Application plugin is used (i.e., both secure and regular mode):
+
** エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのプラグインが使われる場合  (つまり、安全モードと通常モード):
*** Above + G.729
+
*** 上記 + G.729
  
 
== Firefox ==
 
== Firefox ==
* The Firefox web browser cannot use a microphone if it was plugged in '''after''' the browser was started; however, it works if there is another microphone registered in the system. In other words, adding a second or third microphone is supported, but adding the first one is not. The only workaround is to restart the entire browser.
+
* Firefox ウェブブラウザーが起動した''''''にマイクロフォンがプラグインされている場合、このブラウザーはマイクロフォンを使用できません。ただし、システムに別のマイクロフォンが登録されている場合はマイクロフォンが使用できます。つまり、2番目または3番目のマイクロフォンが追加はできる一方、最初のマイクロフォンの追加はできません。唯一の回避策は、ブラウザー全体を再起動することです。
  
* Events about audio device changes may be delayed if a frame with Agent Desktop is out of focus. Bringing it into focus enables the events.
+
* エージェントデスクトップのフレームがアウトヴフォーカスである場合、オーディオデバイスの変更に関するイベントが遅れる場合があります。ピント合わせすると、イベントが有効になります。
  
 
== Safari ==
 
== Safari ==
* The ''Allow All Auto-Play'' option must be enabled for your contact center's website; this setting is required to play ring tones as well as WebRTC audio. To enable this setting, take the following steps:
+
* コンタクトセンターのウェブサイトで ''自動再生を全て許可する''というオプションを有効にする必要があります。この設定は、呼び出し音やウェブRTCオーディオを再生するために必要です。この設定を有効にするには、次の手順を実行します:
** When you are at your contact center's website, from the ''Safari'' menu, select ''Settings for This Website''.
+
** コンタクトセンターのウェブサイトにいるときに、''Safari''メニューから ''このウェブサイトの設定''を選択します。
** In the pop-up window, locate the ''Auto-Play'' option.
+
** ポップアップウィンドウで、 ''自動再生 ''オプションを選択します。
** From the pop-up window, select the '''Allow All Auto-Play''' option.
+
** ポップアップウィンドウで、 '''自動再生を全て許可する'''オプションを選択します。
  
* Note that audio may not start if a frame with Agent Desktop is out of focus. Bringing it into focus starts the audio.
+
* エージェントのフレームがアウトヴフォーカスである場合、オーディオが開始されない場合があります。ピント合わせすると、オーディオが開始されます。
  
 
== Internet Explorer ==
 
== Internet Explorer ==
* The Internet Explorer (IE) web browser does not support WebRTC.
+
* Internet Explorer (IE) ウェブブラウザーはウェブRTCをサポートしていません。

Latest revision as of 17:40, 22 September 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

ウェブRTCについて

ウェブRTCは、ウェブブラウザーで安全な(つまり暗号化された)リアルタイム通信を可能にするオープンソースプロジェクトです。バージョン5.5.0以降、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアには、 ブラウザーオーディオ (ウェブRTC)を介する安全な電話 という電話デバイスオプションが含まれます。

コンタクトセンターでこのオプションを使う場合は、次の点にご注意ください。

全てのブラウザー

  • お使いのコンピュータのスピーカーデバイスについては、ウェブブラウザーによって正確に通知されない場合があります。このため、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアは、使用されているオーディオデバイスを指すためにコンピュータのマイクを使います。
  • ウェブRTCがコンタクトセンターで許可されている唯一の電話デバイスオプションである場合、 BPClientプラグイン がインストールされていない 限り、次の機能はサポートされていません:
    • 画面監視 (つまり、ユーザーは他のユーザーを監視する機能を利用できますが、それらのユーザーが監視されません)
    • 画面録画
    • 受信対話用のGUIポップアップ (つまり、ウェブブラウザーウィンドウ外)
    • クライアント側の診断ログ(つまり、BPClient.log)
    • すべての音声デバイスに入る音声通知(例えば、すべてのデバイスでの着信音)
    • Simplified Desktop .NET API
    • ビジネスユーザープレゼンス検出 (つまり、システム入力アクティビティ追跡)
    • G.729 コーデック
    • Salesforce.com統合の場合、Salesforce ClassicのCTI電話

ご注意: 画面監視機能を使用するには、両方のユーザー(つまり、監視するユーザーと監視されるユーザー)は BPClient プラグイン をインストールしなければなりません。

  • Bright Pattern コンタクトセンターバージョン5.5.0以降、次のコーデックがサポートされています:
    • ウェブRTCをサポートするブラウザーの場合:
      • G.711 mu-law, a-law, G.722
    • エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのプラグインが使われる場合 (つまり、安全モードと通常モード):
      • 上記 + G.729

Firefox

  • Firefox ウェブブラウザーが起動したにマイクロフォンがプラグインされている場合、このブラウザーはマイクロフォンを使用できません。ただし、システムに別のマイクロフォンが登録されている場合はマイクロフォンが使用できます。つまり、2番目または3番目のマイクロフォンが追加はできる一方、最初のマイクロフォンの追加はできません。唯一の回避策は、ブラウザー全体を再起動することです。
  • エージェントデスクトップのフレームがアウトヴフォーカスである場合、オーディオデバイスの変更に関するイベントが遅れる場合があります。ピント合わせすると、イベントが有効になります。

Safari

  • コンタクトセンターのウェブサイトで 自動再生を全て許可するというオプションを有効にする必要があります。この設定は、呼び出し音やウェブRTCオーディオを再生するために必要です。この設定を有効にするには、次の手順を実行します:
    • コンタクトセンターのウェブサイトにいるときに、Safariメニューから このウェブサイトの設定を選択します。
    • ポップアップウィンドウで、 自動再生 オプションを選択します。
    • ポップアップウィンドウで、 自動再生を全て許可するオプションを選択します。
  • エージェントのフレームがアウトヴフォーカスである場合、オーディオが開始されない場合があります。ピント合わせすると、オーディオが開始されます。

Internet Explorer

  • Internet Explorer (IE) ウェブブラウザーはウェブRTCをサポートしていません。
    < 前へ