From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "開かれたメールを処理しているエージェントは、 '''カテゴリーの選択 '''ドロップダウンメニューからカテゴリーを選択できます。")
(Created page with "'''ご注意:''' エージェントの行動に影響を与える一部のサービス設定の変更は、エージェントデスクトップによって動的に取得さ...")
Line 4: Line 4:
 
ケースカテゴリーはユニークな名前が付けられ、 Contact Center Administratorのこのセクションで各コンタクトセンターに追加されるため、既定のカテゴリがありません。ここにケースカテゴリーが追加されない場合、ケース内のメールメッセージに適用できるカテゴリーはありません。
 
ケースカテゴリーはユニークな名前が付けられ、 Contact Center Administratorのこのセクションで各コンタクトセンターに追加されるため、既定のカテゴリがありません。ここにケースカテゴリーが追加されない場合、ケース内のメールメッセージに適用できるカテゴリーはありません。
  
'''Note:''' Some service configuration changes that affect agent behavior are not picked up dynamically by Agent Desktop. Thus, after making any changes to case categories, we recommend that all affected logged-in agents refresh their browser page.
+
'''ご注意:''' エージェントの行動に影響を与える一部のサービス設定の変更は、エージェントデスクトップによって動的に取得されません。従って、ケースカテゴリーを変更した後は、その影響を受けるログイン中の全エージェントに対してブラウザーページを更新することをお勧めします。
  
  

Revision as of 18:05, 12 September 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

ケースカテゴリー

ケースカテゴリーは、エージェントデスクトップで開かれるメールメッセージに適用できるオプションラベルです。カテゴリーは、エージェントが各ケースを特定のトピックまたはサポートレベルに関連付けるのに役立ちます。

ケースカテゴリーはユニークな名前が付けられ、 Contact Center Administratorのこのセクションで各コンタクトセンターに追加されるため、既定のカテゴリがありません。ここにケースカテゴリーが追加されない場合、ケース内のメールメッセージに適用できるカテゴリーはありません。

ご注意: エージェントの行動に影響を与える一部のサービス設定の変更は、エージェントデスクトップによって動的に取得されません。従って、ケースカテゴリーを変更した後は、その影響を受けるログイン中の全エージェントに対してブラウザーページを更新することをお勧めします。


ケースカテゴリーの追加方法

  1. 追加をクリックします。
  2. カテゴリー名を入力します。
  3. 緑色のチェックマークを選択します。
  4. 適用をクリックし、変更を保存します。


新しいケースカテゴリーを追加する


開かれたメールを処理しているエージェントは、 カテゴリーの選択 ドロップダウンメニューからカテゴリーを選択できます。

< 前へ | 次へ >