From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "ご希望のIPアドレス範囲は、ベースIPアドレスとマスクの組み合わせとして表します。マスクは、ベースIPアドレスのどのビットが...")
(Created page with "* '''以下のIPアドレス範囲から"アクセス権が付与されたIP範囲"のユーザーに対してアクセスを許可する''' - 管理者などのユーザー...")
 
(8 intermediate revisions by 2 users not shown)
Line 5: Line 5:
  
  
[[File:CCA-Security-System-Access-Restrictions-5312.PNG|thumb|800px|center|Security > System Access Restrictions]]
+
[[File:CCA-Security-System-Access-Restrictions-5312.PNG|thumb|800px|center|セキュリティ > システムアクセス制限]]
  
  
== クライアントIPアドレスによるシステムへのアクセス制限 ==
+
== クライアントIPアドレスによるシステムアクセス制限 ==
 
IPアドレス認証を有効にするには、このチェックボックスを選択します。
 
IPアドレス認証を有効にするには、このチェックボックスを選択します。
  
When enabling ''Limit system access by client IP address'', you can define addresses for each subsection. Note that the default setting is ''<Any>'' in the Agent Desktop and Contact Center Applications section and the "Privileged Access IP Range" section, which means there is no limiting. Once IP addresses are defined in these sections, ''<Any>'' will disappear.
+
''クライアントIPアドレスによるシステムへのアクセス制限''を有効にする場合、 各サブセクションに対してIPアドレスを指定できます。エージェントデスクトップセクション、コンタクトセンターアプリケーションセクションおよび"アクセス権が付与されたIP範囲"セクションでは既定値は ''<Any>''で、制限がないことを意味します。これらのセクションに対してIPアドレスを指定すると、''<Any>''は消えます。
  
 
== IPアドレス範囲の設定==
 
== IPアドレス範囲の設定==
 
該当する権限が付与されたユーザーに対して、エージェントデスクトップおよびコンタクトセンター管理者アプリケーションへのアクセス(必要に応じてAPI経由のアクセス)が許可されるIPアドレス範囲を設定できます。設定するには、以下のセクションの'''追加''' をクリックしなければなりません。
 
該当する権限が付与されたユーザーに対して、エージェントデスクトップおよびコンタクトセンター管理者アプリケーションへのアクセス(必要に応じてAPI経由のアクセス)が許可されるIPアドレス範囲を設定できます。設定するには、以下のセクションの'''追加''' をクリックしなければなりません。
  
* '''Allow Agent Desktop and Contact Center Administrator applications access from following IP address ranges''' - Allows access to these Bright Pattern applications from defined IP addresses; the default setting is ''<Any>''
+
* '''以下のIPアドレス範囲からエージェントデスクトップとコンタクトセンター管理者アプリケーションへのアクセスを許可する''' - 指定されたIPアドレスよりこれらのBright Patternアプリケーションへのアクセスを許可します。既定値は''<Any>''です。
  
* '''Allow users with "Privileged Access IP Range" privilege from following address ranges''' - Allows users (e.g., administrators) to be able to log in to the system from a defined IP address (e.g., a public place such as a coffee shop); the default setting is ''<Any>''
+
* '''以下のIPアドレス範囲から"アクセス権が付与されたIP範囲"のユーザーに対してアクセスを許可する''' - 管理者などのユーザーに対して指定されたIPアドレス(例えば、喫茶店などの公共の場所)よりシステムへのログインを許可します。既定値は''<Any>''です。
  
 
* '''以下のIPアドレスレンジからAPIアクセスを許可する''' - API経由のアクセスを許可します。
 
* '''以下のIPアドレスレンジからAPIアクセスを許可する''' - API経由のアクセスを許可します。
Line 24: Line 24:
 
ご希望のIPアドレス範囲は、ベースIPアドレスとマスクの組み合わせとして表します。マスクは、ベースIPアドレスのどのビットが固定で、どのビットが可変であるかを定義するために使用されます。 1ビットは固定、0ビットは可変の場合に使われます。可変ビットを使用すると、ご希望の範囲が設定されます。
 
ご希望のIPアドレス範囲は、ベースIPアドレスとマスクの組み合わせとして表します。マスクは、ベースIPアドレスのどのビットが固定で、どのビットが可変であるかを定義するために使用されます。 1ビットは固定、0ビットは可変の場合に使われます。可変ビットを使用すると、ご希望の範囲が設定されます。
  
== Example Usage ==
+
== 使用例 ==
If you set the following, System Access Restrictions will be from address 192.168.64.0 to address 192.168.64.63.
+
設定が以下の通りである場合、システムアクセス制限はアドレス 192.168.64.0 から 192.168.64.63までの範囲に適用されます。
* '''Address:''' 192.168.64.63
+
* '''アドレス:''' 192.168.64.63
* '''Mask:''' 255.255.255.192
+
* '''マスク:''' 255.255.255.192
  
If you set the following, System Access Restrictions will be from address 192.168.64.128 to address 192.168.64.192.
+
設定が以下の通りである場合、システムアクセス制限はアドレス 192.168.64.128から 192.168.64.192までの範囲に適用されます。
* '''Address:''' 192.168.64.128
+
* '''アドレス:''' 192.168.64.128
* '''Mask:''' 255.255.255.192
+
* '''マスク:''' 255.255.255.192

Latest revision as of 06:04, 20 September 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

システムアクセス制限

システムは事前定義されたIPアドレスからのアクセスを制限するように設定できます。

このようなIPアドレス範囲を設定するには、セキュリティ > システムアクセス制限へ進みます。


セキュリティ > システムアクセス制限


クライアントIPアドレスによるシステムアクセス制限

IPアドレス認証を有効にするには、このチェックボックスを選択します。

クライアントIPアドレスによるシステムへのアクセス制限を有効にする場合、 各サブセクションに対してIPアドレスを指定できます。エージェントデスクトップセクション、コンタクトセンターアプリケーションセクションおよび"アクセス権が付与されたIP範囲"セクションでは既定値は <Any>で、制限がないことを意味します。これらのセクションに対してIPアドレスを指定すると、<Any>は消えます。

IPアドレス範囲の設定

該当する権限が付与されたユーザーに対して、エージェントデスクトップおよびコンタクトセンター管理者アプリケーションへのアクセス(必要に応じてAPI経由のアクセス)が許可されるIPアドレス範囲を設定できます。設定するには、以下のセクションの追加 をクリックしなければなりません。

  • 以下のIPアドレス範囲からエージェントデスクトップとコンタクトセンター管理者アプリケーションへのアクセスを許可する - 指定されたIPアドレスよりこれらのBright Patternアプリケーションへのアクセスを許可します。既定値は<Any>です。
  • 以下のIPアドレス範囲から"アクセス権が付与されたIP範囲"のユーザーに対してアクセスを許可する - 管理者などのユーザーに対して指定されたIPアドレス(例えば、喫茶店などの公共の場所)よりシステムへのログインを許可します。既定値は<Any>です。
  • 以下のIPアドレスレンジからAPIアクセスを許可する - API経由のアクセスを許可します。

ご希望のIPアドレス範囲は、ベースIPアドレスとマスクの組み合わせとして表します。マスクは、ベースIPアドレスのどのビットが固定で、どのビットが可変であるかを定義するために使用されます。 1ビットは固定、0ビットは可変の場合に使われます。可変ビットを使用すると、ご希望の範囲が設定されます。

使用例

設定が以下の通りである場合、システムアクセス制限はアドレス 192.168.64.0 から 192.168.64.63までの範囲に適用されます。

  • アドレス: 192.168.64.63
  • マスク: 255.255.255.192

設定が以下の通りである場合、システムアクセス制限はアドレス 192.168.64.128から 192.168.64.192までの範囲に適用されます。