From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "=== To === ''To'' は、レポートの対象となる間隔が終わる日付です。")
(Created page with "== パターンレポートの実行方法 == # コンタクトセンター管理者アプリケーションで、''対話記録''に移動し、''テキスト検索''が検...")
 
(4 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 37: Line 37:
 
''To'' は、レポートの対象となる間隔が終わる日付です。
 
''To'' は、レポートの対象となる間隔が終わる日付です。
  
=== Time zone ===
+
=== タイムゾーン ===
Click the link to specify your default [[contact-center-administrator-guide/Countries,CodesandTimeZones|time zone]] and locale for the report's time interval.
+
リンクをクリックし、レポート間隔に対して既定の[[contact-center-administrator-guide/Countries,CodesandTimeZones|タイムゾーン]]およびロケールを指定します。
  
=== Service / campaign ===
+
=== サービス / キャンペーン ===
Any services or campaigns configured for your contact center are listed in the ''Service / campaign'' drop-down menu. Select the desired service(s) and campaign(s) to be used for the full text search.
+
コンタクトセンター用に設定されたサービスまたはキャンペーンは、''サービス / キャンペーン''ドロップダウンメニューに一覧表示されます。全文検索に使用するサービスとキャンペーンを選択します。
  
=== Customer ===
+
=== 顧客 ===
When selected, the ''Customer'' radio button enables customer interaction records to be searched. By default, the ''Customer'' radio button is selected.
+
選択された''顧客'' ラジオボタンを使うことで、顧客との対話記録を検索できます。初期設定上、''顧客''ラジオボタンが選択されています。
  
=== Agent ===
+
=== エージェント ===
When selected, the ''Agent'' radio button enables agent interaction records to be searched.
+
選択された ''エージェント''ラジオボタンを使うことで、エージェント対話記録を検索できます。
  
  
== How to Run a Patterns Report ==
+
== パターンレポートの実行方法 ==
# In the Contact Center Administrator application, go to ''Interaction Records'' and make sure that "Text search" can be selected as a search condition and returns accurate results.[[File:Interaction-Records-Text-Search-50.png|650px|thumbnail|center]]
+
# コンタクトセンター管理者アプリケーションで、''対話記録''に移動し、''テキスト検索''が検索条件として選択され、正確な結果が表示されているかどうか確認します。[[File:Interaction-Records-Text-Search-50.png|650px|thumbnail|center]]
# Then navigate to ''Reports > Patterns''.[[File:Reports-Patterns-50.png|650px|thumbnail|center]]
+
# 次に、''レポート > パターン''へ移動します [[File:Reports-Patterns-50.png|650px|thumbnail|center]]
# Specify filters (see Filters descriptions).
+
# フィルターを指定します(フィルターの説明を参照)。
# Click the '''Run''' button.
+
# '''実行'''ボタンをクリックします。
# Verify that the resulting word cloud contains information corresponding to keywords saved with transcripts.[[File:Patterns-Word-Cloud-50.png|650px|thumbnail|center]]
+
# 結果のワードクラウドに、トランスクリプトで保存されたキーワードに関連する情報が含まれていることを確認します。[[File:Patterns-Word-Cloud-50.png|650px|thumbnail|center]]

Latest revision as of 12:56, 8 January 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

顧客対話パターンレポート

パターンレポートは、スーパーバイザーと管理者に対して、対話レコードで見つかったキーワードを表示し、対話レコードで全文検索を実行する機能を提供します。キーワードは、頻繁に使用されればされるほど大きなワードクラウドで表示されます。スーパーバイザーと管理者は、含まれているキーワード(フレーズ)のセットに基づいて、対話レコードのサブセットを見つけることができます。

パターンレポートは、選択した時間枠およびサービスごとに実行できます。すべてのキーワード、またはお客様によって使用されたキーワードのみをクラウド作成に使用できます。レポートを実行すると、結果のワードクラウドには、トランスクリプトで保存されたキーワードに関連する情報が含まれます。

パターンレポートでは、キーワードを識別するために、 自然言語理解統合が必要です。


パターンワードクラウドレポート


フィルター

パターンレポートフィルターは次のとおりです。


パターン


時間枠

ご希望のレポート時間枠を指定します。例えば、毎日を前日結果の確認から始める場合は、先日の時間枠を指定します。

以下から選択します:

  • 本日
  • 先日
  • 今週
  • 先週
  • 今月
  • 先月
  • カスタム

1日以内の指定された間隔のレポートを要求するには、1日の時間枠 (本日先日) を選択した上で、FromTo フィールドを使ってご希望の間隔を指定します。この機能は、コンタクトセンターのシフトごとに個別のレポートを取得するときに便利です。午前0時より前に開始し、午前0時以降に終了するシフトのレポートを取得するには、時間枠として先日を選択し、Fromフィールドにご希望の開始時間を、Toフィールドにご希望の終了時間を設定します。

From

From は、レポートの対象となる間隔が始まる日付です。

To

To は、レポートの対象となる間隔が終わる日付です。

タイムゾーン

リンクをクリックし、レポート間隔に対して既定のタイムゾーンおよびロケールを指定します。

サービス / キャンペーン

コンタクトセンター用に設定されたサービスまたはキャンペーンは、サービス / キャンペーンドロップダウンメニューに一覧表示されます。全文検索に使用するサービスとキャンペーンを選択します。

顧客

選択された顧客 ラジオボタンを使うことで、顧客との対話記録を検索できます。初期設定上、顧客ラジオボタンが選択されています。

エージェント

選択された エージェントラジオボタンを使うことで、エージェント対話記録を検索できます。


パターンレポートの実行方法

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションで、対話記録に移動し、テキスト検索が検索条件として選択され、正確な結果が表示されているかどうか確認します。
    Interaction-Records-Text-Search-50.png
  2. 次に、レポート > パターンへ移動します
    Reports-Patterns-50.png
  3. フィルターを指定します(フィルターの説明を参照)。
  4. 実行ボタンをクリックします。
  5. 結果のワードクラウドに、トランスクリプトで保存されたキーワードに関連する情報が含まれていることを確認します。
    Patterns-Word-Cloud-50.png
    < 前へ | 次へ >