From Bright Pattern Documentation
< 5.8:Reporting-reference-guide
Revision as of 20:23, 23 January 2020 by Marina (talk | contribs) (Created page with "{|border="1" style="border-collapse:collapse" cellpadding="5" |'''フィールド名''' |'''ファイル名コンポーネント''' |'''内容''' |- |'''エージェント名'...")
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

レコード詳細フォーマット

次の表は、コール記録のエクスポートに付随するデータファイルのフィールドについて説明し、エクスポートの際にレコードに対して割り当てられた設定可能なファイル名のコンポーネントにマッピングします。ファイルは.CSV形式でエクスポートされ、対応するコールの詳細を含みます。これにより、システムからエクスポートされた特定のレコードの検索が容易になります。

電話会議では、参加するエージェントの人数に相当する複数のレコードが生成されます。この場合、レコード詳細ファイルには、レコードが個別に保存されます。


フィールド名 ファイル名コンポーネント 内容
エージェント名 $(agentFirstName) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントの名前です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントの名前です。
エージェントの姓 $(agentLastName) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントの名字です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントの名字です。
エージェントのloginId $(agent) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントのユーザ名です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントのユーザ名です。
お客様の電話番号 $(customerPhone) お客様の電話番号(技術的には、上記のエージェントが対応した相手側の電話番号)
方向 $(direction) コールの方向(受信または発信)
対話結果 $(disposition) コールの対話結果
エクスポートの状態 N/A レコードが実際にエクスポートされたか(成功)、または見つからなかったか(失敗)のインジケーター
フラグ付き $(flagged) コールがフラグ付きだったかどうかのインジケーター
グローバル対話 ID $(globalInteractionId) コールのグローバル対話 ID です。完全なレコードの場合、同じIDを持つ複数のコールレコードファイルが存在する場合があります。レコードのセグメントの場合、全セグメントのグローバル対話IDは、それらのセグメントが属する対話から継承されます。
N/A $(callDuration) コールの合計継続時間
N/A $(callHour) コールが開始した時間 ( 00から23まで)
N/A $(currentTime) この値は、レコードがエクスポートされた時間に設定されます。
N/A $(uniqueId) このレコードに割り当てられたユニークなIDです。 グローバル対話ID(上記)とは異なり、この値はエクスポートされたレコードごとにユニークな値が割り当てられます。
コメント N/A エージェントが入力したコールのコメントです。
N/A $(periodEndDate) The value is the start time of the last exported recordings file (if there was at least one file to export), or the end of the period if there were no files to export. Note: Starting from Bright Pattern Contact Center version 5.3.5, this variable replaces the $(currentDate) variable.
Pure Talk Time $(pureTalkTime) Pure talk time of this call/segment (excludes ACW and hold times); it is empty for IVR segments
RecordingId N/A Name of the file that contains the recording of this call; for segments, the name of the file containing the given voice segment
Segment Time $(segmentDuration) Overall duration of the recorded segment
Service $(service) Name of the service or campaign associated with this call; for segments, the service that was associated with the interaction at the end of the given segment
Start Time $(callDate), $(callTime) Date and time of call start; for segments, the start time of the voice segment
Talk Time N/A Overall duration of this call
Type $(type), Type of recording; possible values are “Complete” or “Segment”
Voice Signature $(voiceSignature) An indicator of whether the recording contains a voice signature
< 前へ | 次へ >