From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "'''エージェントの状態を変更するには:''' # エージェントメトリックビューにある'''エージェントの状...")
(Created page with "thumb")
 
Line 7: Line 7:
  
  
[[File:supervisor-guide-image19.JPG|thumb|800px|center|Changing agent state]]
+
[[File:supervisor-guide-image19.JPG|thumb|800px|center|エージェント状態の変更]]

Latest revision as of 14:04, 9 July 2019

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

エージェント状態の変更

スーパーバイザーは、チームのエージェントの現在状態を変更することができます。 例えば、サービスレベルが設定されたしきい値を下回った場合、スーパーバイザーは後処理 状態にある一部のエージェントを受付可能状態に強制設定できます。それは、 サービスキューでのコール待機時間を短縮するために行われます。 エージェントを強制的にログアウトさせることもできます。

エージェントの状態を変更するには:

  1. エージェントメトリックビューにあるエージェントの状態 アイコン をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューよりエージェントの状態を選択します。 現在のエージェントのアクティビティによっては、強制的な状態変更機能が使用できない場合があります。 例えば、サービス対話を処理中であるエージェントの場合、強制的な状態変更はできません。


エージェント状態の変更
< 前へ | 次へ >