From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "=== ラベル === ''ラベル''は、フォームに表示されるこのコントロールの名前です (例えば、 "メールアドレス")。")
 
(6 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
 
= 全てのメールアドレス=
 
= 全てのメールアドレス=
''全てのメールアドレス''のコントロールはメールセレクターをフォームに配置し、ユーザーが複数のタイプのメールアドレス( "プライマリ "または "ビジネス "など)から選択できるようにします。 プレビューモードでは、このコントロールは次のように表示されます。
+
''全てのメールアドレス''のコントロールはメールセレクターをフォームに配置し、ユーザーが複数のタイプのメールアドレス( "プライマリ "または "勤務先"など)から選択できるようにします。 プレビューモードでは、このコントロールは次のように表示されます。
  
  
Line 17: Line 17:
  
  
[[File:Form-All-Email-Edit-Style-50.PNG|650px|thumbnail|center|Add / スタイルの編集]]
+
[[File:Form-All-Email-Edit-Style-50.PNG|650px|thumbnail|center|スタイルの追加/編集]]
  
  
Line 23: Line 23:
 
''ラベル''は、フォームに表示されるこのコントロールの名前です (例えば、 "メールアドレス")。
 
''ラベル''は、フォームに表示されるこのコントロールの名前です (例えば、 "メールアドレス")。
  
=== Hint text for empty field ===
+
=== 空白のフィールド用のヒントテキスト ===  
This text input field is where you enter any text that you wish to display in this control's empty fields. The hint text indicates to the user what kind of text belongs in this field (e.g., "business email address").
+
テキスト入力専用のフィールドには、このコントロールの空白のフィールドに表示するためのテキストが入力されます。ヒントテキストは、このフィールドのテキストタイプをユーザーに示します(例えば、"勤務先のメールアドレス"など)。
  
=== Data field ===
+
=== データフィールド ===  
The ''data field'' is read-only, displaying the variable ''$(Contact.emails)'', which gets and inserts the specified contact email addresses.
+
''データフィールド''は読み取り専用で、指定されたコンタクトのメールアドレスを取得して入力する変数 ''$(Contact.emails)''を示します。
  
=== Options ===
+
=== オプション ===  
* '''Editable''' - Select this checkbox to allow users to edit these email address types.
+
* '''編集可能''':このチェックボックスを選択すると、ユーザーがこれらのメールアドレスタイプを編集できるようになります。
* '''Required''' - Select this checkbox to require users to enter email addresses in these fields. Note that ''Required'' is enabled only if the field is editable.
+
* '''必須''' :このチェックボックスを選択すると、ユーザーはこれらのフィールドにメールアドレスを入力する必要があります。''必須''はフィールドが編集可能であるときにのみ有効になります。
* '''Validate''' - Select this checkbox to allow the emails entered to be validated. Note that ''Validate value'' is enabled only if the field is editable.
+
* '''有効化''':このチェックボックスを選択すると、入力されたメールアドレスを有効化できます。 ''値の有効化''は、フィールドが編集可能な場合にのみできます。

Latest revision as of 12:14, 23 April 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

全てのメールアドレス

全てのメールアドレスのコントロールはメールセレクターをフォームに配置し、ユーザーが複数のタイプのメールアドレス( "プライマリ "または "勤務先"など)から選択できるようにします。 プレビューモードでは、このコントロールは次のように表示されます。


フォーム上の全てのメールアドレス


フィールドプロパティ

コントロールをフォームキャンバスに配置したら、コンポーネントの鉛筆アイコンをクリックしてフィールドプロパティを編集できます。フィールドのプロパティは次のとおりです。


全てのメールアドレスのプロパティ


モードスタイルの編集

モードスタイルの編集は、このフォームコントロールの スタイルを選択、編集、または追加できる共通のプロパティです。例えば、このセレクターから "ハイパーリンク"を選び、追加 / 編集をクリックし、メールアドレスハイパーリンクのスタイル (例えば、テキスト、フォント、色など)を変更できます。


スタイルの追加/編集


ラベル

ラベルは、フォームに表示されるこのコントロールの名前です (例えば、 "メールアドレス")。

空白のフィールド用のヒントテキスト

テキスト入力専用のフィールドには、このコントロールの空白のフィールドに表示するためのテキストが入力されます。ヒントテキストは、このフィールドのテキストタイプをユーザーに示します(例えば、"勤務先のメールアドレス"など)。

データフィールド

データフィールドは読み取り専用で、指定されたコンタクトのメールアドレスを取得して入力する変数 $(Contact.emails)を示します。

オプション

  • 編集可能:このチェックボックスを選択すると、ユーザーがこれらのメールアドレスタイプを編集できるようになります。
  • 必須 :このチェックボックスを選択すると、ユーザーはこれらのフィールドにメールアドレスを入力する必要があります。必須はフィールドが編集可能であるときにのみ有効になります。
  • 有効化:このチェックボックスを選択すると、入力されたメールアドレスを有効化できます。 値の有効化は、フィールドが編集可能な場合にのみできます。
    < 前へ | 次へ >