From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "=== 呼び出し番号 === ダイヤルされる電話番号を入力します。このプロパティは、静的な番号または''$(varname)'' 形式でのシナリオ変...")
(Created page with "=== 検証のURL === 対話結果ボタンにパラメータが指定されている場合、対話結果ボタンがクリックされるとURLが呼び出されます。 "20...")
Line 30: Line 30:
 
ダイヤルされる電話番号を入力します。このプロパティは、静的な番号または''$(varname)'' 形式でのシナリオ変数です。 '''$()'''をクリックすると、ラベルテキストフィールドが選択した変数へ''$(varname)''形式でマップされます。
 
ダイヤルされる電話番号を入力します。このプロパティは、静的な番号または''$(varname)'' 形式でのシナリオ変数です。 '''$()'''をクリックすると、ラベルテキストフィールドが選択した変数へ''$(varname)''形式でマップされます。
  
=== Validation URL ===
+
=== 検証のURL ===
When the parameter is defined for the Disposition button, the URL is called when the Disposition button is clicked. If anything but "200 OK" is received, an error message is displayed: ''The call selected is not allowed''.
+
対話結果ボタンにパラメータが指定されている場合、対話結果ボタンがクリックされるとURLが呼び出されます。 "200 OK"以外を受信すると、"選択したコールは許可されません"というエラーメッセージが表示されます。

Revision as of 19:54, 25 April 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

コール番号

コール番号コンポーネントは、クリックすると、指定された番号へのコールを開始するボタンです。

このコンポーネントをアクティビティフォームに追加するには、コンポーネントを押したまま、左側のコンポーネントメニューから右側の空白のフォームにドラッグします。

ご注意: このコントロールは、フォームビルダーアプリケーションバージョン3.xで作成されたフォーム(バージョン5.x)で使用できます。


アクティビティフォームのコール番号コンポーネント


設定

コール番号コンポーネントの設定

スタイル

この要素の テキストスタイル を以下のオプションから選択し、指定します:

  • << 無し >>
  • テキスト
  • タイトル
  • ラベル
  • ハイパーリンク
  • 注記

リンクとして表示というチェックボックスをオンにすると、コール番号がダイレクトコール専用のクリック可能なリンクとして表示されます。

ラベルテキスト

ボタンに表示するテキストを入力します。 $()をクリックすると、ラベルテキストフィールドが選択した変数へ$(varname)形式でマップされます。この例では、ラベルテキストフィールドが携帯電話変数にマップされ、ラベルテキスト$(Contact.phones[MOBILE].phone)が作成されます。

呼び出し番号

ダイヤルされる電話番号を入力します。このプロパティは、静的な番号または$(varname) 形式でのシナリオ変数です。 $()をクリックすると、ラベルテキストフィールドが選択した変数へ$(varname)形式でマップされます。

検証のURL

対話結果ボタンにパラメータが指定されている場合、対話結果ボタンがクリックされるとURLが呼び出されます。 "200 OK"以外を受信すると、"選択したコールは許可されません"というエラーメッセージが表示されます。

< 前へ | 次へ >