From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.8:Facebook-messenger-integration-guide/CustomizingInteractionsUsingScenarios and the translation is 80% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

シナリオを使った対話のカスタマイズ

Bright Pattern コンタクトセンターがチャット対話とお客様のデータをBright Patternシナリオからどのように直接処理するかを、指定できます。

コンタクトセンターに入るすべてのお客様との対話について、Bright Pattern コンタクトセンターは各対話の処理方法について決定します(例えば、適用するプロンプトやアナウンス、どのリソースのキューに入るか、再生する音楽、別のリソースへ移動するタイミングなどを決定します)。このような自動対話処理のロジックは、シナリオで定義されています。対話に対するシナリオの実行は、特定のウェブページまたはアプリからのチャットセッションの開始など、特定のイベントによってトリガーされます。

シナリオは、シナリオビルダーと呼ばれるアプリケーションで作成および編集されます。このアプリケーションは、新しいシナリオを追加するか、既存のシナリオを選択して編集するときに、コンタクトセンター管理者アプリケーションから起動されます。詳しい情報については、コンタクトセンター管理者ガイドシナリオの概要をご覧ください。

複数のシナリオエントリのあるコンタクトセンター(テナント)は、複数のFacebook Messengerの統合アカウントを設定できます。各シナリオエントリには一つだけのFacebookページが付きます(メッセンジャータイプごとに最大1つのページ)。各サービスは、発信チャットアカウントとして1つのFacebookページを設定できます。同じFacebookページを1つのシナリオエントリまたは1つのサービスにのみ割り当てることができます。

< 前へ | 次へ >