From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

プレビューキャンペーン用のスクリーンポップの設定

Dynamicsインスタンスをコンタクトセンターと統合したら、そのインスタンスに特定の オブジェクトをポップできます。 オブジェクトのポップは、Dynamicsオブジェクトの IDをリストに入れることによって可能です。次のチュートリアルでは、その手順について説明します。

必須条件

未設定の場合は、Bright PatternコンタクトセンターでDynamicsインスタンスを設定するための手順を実行してください。これを行うには、以下の記事を参照してください:

さらに、発信キャンペーンには設定済みの ダイヤルアウトエントリーが必要です。

1. DynamicsオブジェクトのIDの列を含むリストを作成します。

リストを設定し、そのリストにDynamicsインスタンスにポップするオブジェクトのIDの列を入れます。これらのオブジェクトは、対応するプレビューレコードがログイン中のエージェントに送信されるとポップします。Bright Patternで利用可能なオブジェクト (例えば、アカウント、コンタクト、インボイス、注文など)がポップできます。 リストの設定に関する詳しい情報は、 コンタクトセンター管理者ガイドリストをご覧ください。


ご希望のオブジェクトIDの列を含むリストを作成します。


オブジェクトIDの検索方法

Dynamicsインスタンスの各オブジェクトにはユニークなIDがあります。オブジェクトIDは、オブジェクトのURLに含まれています。例えば、コンタクトオブジェクトのユニークなIDは、URLの末尾に付きます。

URLの末尾に付くコンタクトID


すべての既存コンタクトのIDにアクセスする場合は、コンタクトをExcelドキュメントにエクスポートします。ドキュメントを開いて、A列からC列の 再表示を行います。ユニークなIDは列Aにあります。


Dynamicsデータをエクスポートすることで、多くのIDを検索できます。


2. 発信プレビューキャンペーンを設定します。

次に、発信音声 サービスを作成し、プレビュー キャンペーンを設定します。

発信プレビューキャンペーンを設定するときは、以下を必ず行ってください:

キャンペーンの設定時に問題が発生した場合は、発信 > 診断に記載されている設定チェックを必ずご確認ください。


cent


2a. スクリーンポップ URLを設定します。

発信 > 一般情報で、以下の形式を使って スクリーンポップURLを設定します:

SHOW_OBJECT:$(workitem.otherInfo.XXX):object

SHOW_OBJECTを必ず入れてください。$(workitem.otherInfo)という変数の後に、DynamicsオブジェクトのIDを含む列の名前を追加します (例えば、 .XXX)。objectは、ポップされているオブジェクトタイプです(例えば、アカウント、ケース、リードなど)。


例えば、contactオブジェクトをポップする場合、スクリーンポップ URLは以下の通りになります:

SHOW_OBJECT:$(workitem.otherInfo.dyn_id):contact

この例では、DynamicsのコンタクトオブジェクトのIDを含むリスト列の名前は dyn_idで、contact はオブジェクトタイプです。


スクリーンポップ URLの設定


3. キャンペーンを開始します。

発信 >一般情報で、キャンペーンを開始します。コンタクトレコードがDynamicsのエージェントデスクトップウィジェットにログイン中のエージェントに対して送信されると、対応するオブジェクトもDynamicsにポップします。


Dynamicsインスタンスにポップするコンタクトオブジェクト


トラブルシューティング

オブジェクトのポップ設定に問題が発生する場合は、スクリーンポップURLの変数の代わりにオブジェクトIDをハードコードできます。オブジェクトIDをハードコードすると、機能が適切に作動しているかどうかを確認できます。例えば、コンタクトオブジェクトをテストポップする場合は、次の方法でユニークなコンタクトIDを入力します:

SHOW_OBJECT:00aa0000-a0a0-a000-a00a-000a0a000a00:contact

< 前へ