From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Agent-guide/UnderstandingScreen-pop and the translation is 83% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

スクリーンポップの説明

顧客および/または要求されたサービスの追加情報を提供するウェブページまたはフォームが着信インタラクション中に表示されるように設定できます。設定を行うと、新しいインタラクションがエージェントデスクトップに配信されるたびに、コンテキスト情報エリアで当該のWebページ/フォームが表示されます。

インタラクションが1つのページまたはフォームに関連付けられている場合、そのページまたはフォームは、「コンテキスト情報エリア」のスペース全体を占有します。場合によってインタラクションは、複数のページ/フォームに関連付けられます。この場合、ページ/フォームはマルチタブ形式で表示されます。最も関連性の高いページ/フォームは、'URL'という最初のタブで表示されます。他のページ/フォームを表示するには、分かりやすい名前が付くそれぞれのタブをクリックしてください。各タブの内容と目的について詳細な情報は、システム管理者へお問い合わせください。

注: 'システム構成によって、ウェブページとフォームがコンテキスト情報エリアではなく別のブラウザウィンドウまたはタブで表示されることがあります。

エージェントデスクトップは、最近10件のインタラクションの処理に使用したフォーム/タブを一時的に保存します。これらのフォームやページは、 最近使ったコンタクトタブから当該のコンタクトを選択すると表示されます。 (ブラウザからログアウトまたは再起動すると、それらのフォームやページは表示できなくなります。)
< 前へ | 次へ >