From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Microsoft-dynamics-365-integration-guide/Configuration/AddIntegrationAccount and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

参照: Bright Patternへの統合アカウントの追加

Microsoft Dynamics 365アプリおよびデータへの接続は、統合アカウントを通じて確立されます。

ここでは、 Bright PatternコンタクトセンターアプリケーションでMicrosoft認証情報をMicrosoft Dynamics 365の新しい統合アカウントに追加する方法について説明します。

詳しい情報については、コンタクトセンター管理者ガイド Microsoft Dynamics 365統合をご覧ください。


Dynamics-Conf-23-54.PNG


ステップ 1: 新しいアカウントを追加します。

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーション >統合アカウントで、 Microsoft Dynamics 365というタイプの統合アカウントを追加します。

    統合アカウントタイプの選択


ステップ 2: プロパティを編集します。

Microsoft Dynamics 365統合アカウントプロパティ

タイプ

既定のタイプは、作成している統合アカウントのタイプである“Microsoft Dynamics 365” です。

名前

ユニークなアカウント名です。

既定のアカウント

このタイプの複数の統合アカウントを持つことが可能であるため、このチェックボックスを選択して、このアカウントを既定のアカウントとして有効にします。

認証 URL

Azureポータルに登録されているアプリのOAuth 2.0認証エンドポイント(v1)です。

トークン URL

Azureポータルに登録されているアプリのOAuth 2.0トークンエンドポイント(v1)です。

API URL

以下の形式のインスタンス名を含むMicrosoftのWeb API URLです:

https://<your-Microsoft-organization-domain>.crm.dynamics.com/api/data/v9.0

例えば:

https://brightpatterndev.crm.dynamics.com/api/data/v9.0

クライアントID

Azureポータルで登録されているアプリケーション(クライアント)IDです。

クライアントシークレット

Azureポータルに登録されているアプリのクライアントシークレット(つまり、アプリキー)です。

更新トークン

Microsoftアカウントを認証し、会社の名前で同意できるようにします。

接続テスト

Bright PatternとMicrosoftの間の接続をテストします。


ステップ 3: 保存します。

適用をクリックし変更を保存します。これで、Microsoft Dynamics 365統合アカウントを追加するプロセスが完了しました。

< 前へ | 次へ >