From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Sfdc-integration-guide/Lightning/CreateaLightningApp and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Lightningアプリケーションを生成する

コールセンターを設定してから、Lightningアプリケーションを生成しなければなりません。このアプリケーションでは、CTIソフトフォンが有効になっており、エージェントデスクトップウィジェットが表示できます。次の手順は、LightningまたはServiceビューのいずれにも関連します。

アプリケーションの生成

ステップ1: 新しい Lightningアプリケーションを追加します

  1. ユーザーが使っているLightningにエージェントデスクトップの埋め込みを行うには、Lightningビュー を起動させ、セットアップをクリックします。同様に、ユーザーがServiceを使っている場合、Serviceにエージェントデスクトップの埋め込みを行うには、 アプリランチャーを起動させ、Serviceをクリックしてから、 セットアップをクリックします。

  2. セットアップで Quick Findを使って アプリマネージャーへアクセスします。新しいLightning アプリケーション をクリックすると、新しいLightningアプリケーションの設定ウィザードが開きます。

    アプリマネージャー

ステップ 2: アプリケーションの詳細を設定します

  1. アプリケーション詳細アプリケーション詳細 & ブランディング 画面では、アプリ名フィールドに名前を入力すると、 このアプリ名は デベロッパー名 フィールドに自動入力されます。

  2. オプション: 内容 フィールドに入力します。

  3. その後、 次へをクリックします。

    アプリケーション詳細 & ブランディング


ステップ3: アプリケーションのオプションを設定します

このステップでは、アプリ専用のナビゲーションを設定します。 Lightningビュー専用のセットアップオプションのフルセット、またはServiceビュー専用のServiceセットアップオプションのいずれかを選択できます。LightningとServiceクラウドの設定手順が異なるのは、このステップだけです。

  1. アプリケーションのオプション画面では、以下の設定をします :
    1. ナビゲーションのスタイル - "標準"を選択します。

    2. Experienceのセットアップ -
      Lightning ビューの場合、 "セットアップ (セットアップオプションのフルセット)"を選択します。
      Service ビューの場合、 "Serviceセットアップ"を選択します。

    3. アプリケーションのカスタマイズ設定 - オプション

  2. 設定完了後、 次へをクリックします。

    アプリケーションのオプション


ステップ4: CTIソフトフォンを追加します

  1. ユーティリティー項目画面では、ユーティリティー項目の追加をクリックします。

  2. CTI ソフトフォンを開くを検索および選択します。

  3. チェックボックスが自動開始という状態になっていることを確認します。

  4. 設定完了後、 次へをクリックします。

    ユーティリティー項目


ステップ5: エキストラ項目を追加します

  1. ナビゲーション項目画面では、アプリケーションに追加したい 利用可能な項目 を選びます。

  2. 設定完了後、 次へをクリックします。

    ナビゲーション項目


ステップ6: ユーザーに対してアクセスを許可します

  1. ユーザープロファイル画面では、 アプリへのアクセス権を与えたいユーザーのプロファイルを 選択されたプロファイルに追加します。

  2. 保存 & 終了をクリックします。

    ユーザープロファイル


アプリケーションの起動

  1. アプリケーションが正常に動いていることを確認するには、画面の左上にある アプリランチャー SFDC-Lightning-App-7-54.PNG アイコンをクリックします。アプリランチャーでは、先ほど生成したLightningアプリケーションまたは Service アプリケーションを選択します。そうすると、新しいタブが開きます。

    アプリランチャー


  2. 開かれたLightning またはService アプリケーションでは、エージェントデスクトップウィジェットが画面の下に配置し、電話 SFDC-Lightning-App-9-54.PNG アイコンをクリックすると、アクセスできます。

    Lightningアプリケーションにおけるエージェントデスクトップウィジェット
    < 前へ | 次へ >