From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Sfdc-integration-guide/Lightning/EnablingAccesstoSFDCDatafromScenarios and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Salesforceデータへアクセスするためシナリオを有効にする

接続アプリケーションは、APIを使ってBright Pattern コンタクトセンターなどのアプリケーションをSalesforceと統合し、Bright PatternシナリオがCRUD(生成、読み取り、更新、削除)機能を使ってSalesforceデータオブジェクトに対してアクセス・対話できるようにします。

サーバー側の統合は、Salesforce REST API (http://wiki.developerforce.com/page/REST_API)を通じてSalesforce ウェブサービスを使って実行されます。 Bright Pattern コンタクトセンターは、 ウェブサーバーの OAuth 認証フローを使って Salesforceでの認証を受けます。 リフレッシュトークン は、アクセストークンの取得と更新に使われます。

この記事では次のことについて説明します:

  • 新しい接続アプリケーションを生成する方法
  • API アクセスを有効にする方法
  • 統合アカウントのプロパティに必要なコンシューマキーとコンシューマシークレットを取得する方法
  • 接続アプリケーションにアクセスできるユーザーの役割を決定する方法


ステップ1: 新しい接続アプリケーションを生成する

  1. Salesforce Lightningでは、 プラットフォームツール > アプリマネージャーへ移動します。

  2. Lightning Experienceアプリマネージャーのトップにある 接続アプリケーション新規をクリックします。


新しいアプリケーションの生成


ステップ2: 接続アプリケーションを設定します

接続アプリケーションを設定するには、新しい接続アプリケーションのページで 以下を入力します:

基本情報

  • 接続アプリケーションの名前 - 未使用の名前をウェブアプリケーション名として設定します。
  • API 名 - 未使用の名前をAPI名として設定します。
  • 連絡先メールアドレス - ご利用のメールアドレスを入力します。


SFDC-Lightning-New-Connected-54.PNG


API (OAuth設定を有効にする)

  • OAuth設定を有効にする - チェックボックスの選択
  • 利用可能なOAuth スコープ - 以下を選択します:
    • データをアクセス・管理する (api)
    • フルアクセス(full)
    • いつでもリクエストを実行する (refresh_token, offline_access)


Lightning-Selected-OAuthb-54.png


重要: 最後に"保存" を忘れないように!

新しく設定されたパラメータのアップデートが完了するまでに数分かかります。Salesforceがこの作業を終了するまでに10分間待ってください。

ステップ3: コンシューマキーとコンシューマシークレットを取得します

  1. アプリケーションセットアップ> アプリケーション > 接続アプリケーションで、先ほど生成した接続アプリケーションの詳細を表示します。
  2. コンシューマキーコンシューマシークレット を接続アプリケーションからコピーします。

    SFDC-API-OAuthb-54.png


  3. 後で 統合アカウントプロパティに貼り付けするために、それらを保存します。


ステップ4: 新しい接続アプリケーションを追加するためにセキュリティプロファイルを更新します。

  1. Salesforce Lightning セットアップの管理者 > ユーザーで、システム管理者 セキュリティプロファイルを更新します。

    システム管理者セキュリティプロファイルの"編集" をクリックします。


  2. 接続アプリケーションへのアクセス で、前に生成した接続アプリケーションのチェックボックスを選択します (例にある "LemurBooksApp" です)。 これにより、システム管理者役割を付与されたユーザーが接続アプリケーションへアクセスできます。

    接続アプリケーションへのアクセス


  3. 保存をクリックします。
  4. 接続アプリケーションへのアクセスを必要とするユーザープロファイルタイプ(例えば、"スタンダードタイプ")に対して、同様に上記の操作を行います。どのユーザープロファイルを編集するかが分からない場合、接続アプリケーションのプロファイル へアクセスし、ユーザープロファイルについてご確認ください。

    < 前へ | 次へ >