From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Sfdc-integration-guide/Lightning/ScreenPop and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

複数一致レコードのスクリーンポップを有効にする

ここでは、Salesforce統合で複数一致レコードのスクリーンポップを有効にする方法について説明します。 Salesforceアカウントで、 Salesforce.com スクリーンポップシナリオブロック を起動させるためソフトフォンのレイアウトを編集します。

単一一致の結果のスクリーンポップ設定を変更する必要はありません。変更対象になるのは、複数一致の結果のみです。


  1. SalesforceLightningの セットアップコールセンターを検索し、ソフトフォンレイアウトを選択します。

    Lightning > セットアップ> コールセンター > ソフトフォンレイアウト


  2. ソフトフォンレイアウト ページで、レイアウトを選択し、 編集をクリックします。

    選択されたソフトフォンレイアウトの横にある "編集" をクリックします。


  3. ソフトフォンレイアウトの編集ページの スクリーンポップ設定 で、 複数一致レコード 設定を展開します。

    スクリーンポップ設定


  4. 複数一致レコードで、 検索ページへのポップを設定します。

    検索ページへのポップ


  5. ページのトップにある保存 をクリックします。


スクリーンポップ機能はSalesforceアカウントで有効になりました。

< 前へ