From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

設定セクション A: シナリオおよびDynamics 365へのアクセスの有効化

ステップ 1: 新しく登録されたアプリを追加します。

新しく登録されたアプリを追加すると、Microsoft Azure アクティブディレクトリがDynamics 365を介してBright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアへ接続できます。このステップではシナリオの統合も可能になります。

  1. Azure ポータル > Azure アクティブディレクトリ > アプリの登録+ 新規登録をクリックし新しく登録されたアプリを追加します。

  2. アプリに名前を付けます。

  3. 対応できるアカウントの種類でこのアプリケーションを使用できるまたはこのAPIにアクセスできるアカウントを選択します。この例では、“この組織ディレクトリに含まれるアカウントのみ”を選択します。

    MS1-App-Registry.PNG


  4. リダイレクトウェブを選択して、コールバックファイルへのリンクを次の形式で追加します:

    https://<tenant>/admin/msdynamicscallback.html

    (e.g., "https://example.brightpattern.com/admin/msdynamicscallback.html")

    MS2-Redirect-URI.PNG


  5. 登録をクリックします。

  6. 新しく登録されたアプリの 概要 ページが開きます。

    MS2-App-Overview.PNG


ステップ 2: Bright PatternでDynamics 365統合アカウントを作成します。

この時点で、登録済みアプリから値をコピーして Bright Pattern Dynamics 365統合アカウントに貼り付けることによって、登録されたアプリをBright Pattern コンタクトセンターにリンクします。アプリ間で簡単にコピーおよび貼り付けをするには、Bright Pattern コンタクトセンターの管理者アプリケーションを別のブラウザタブで開いたままにすることをお勧めします。

  1. 新しいタブで、管理者として https://<tenant>.brightpattern.com/adminにログインします。

  2. コールセンターの設定 > 統合アカウント へ移動し、 +をクリックし、新しい統合アカウントを追加します。

  3. Microsoft Dynamics 365をアカウントタイプとして選択します。

  4. Microsoft Dynamics 365統合アカウントのプロパティが開きます。

    MS13-Integration-Account.PNG


  5. プロパティウィンドウは、以降のステップでDynamics 365の値を貼り付ける場所なので、開いたままにしておきます。

ステップ 3: アプリケーション (クライアント) IDを取得します。

アプリケーションを作成した後、ユニークなアプリケーション(クライアント)IDが必要になります。

  1. Microsoft Azureポータルで登録されたアプリの 概要ページを表示します。

  2. アプリケーション (クライアント) IDを見つけてからこれの値をコピーします。

    MS3-Client-ID.png


  3. Bright Patternコンタクトセンター > 統合アカウントプロパティのタブに移動します。

    1. クライアントIDのフィールドに、先ほどコピーされた値を貼り付けます。

      MS4-Integration-a.png


ステップ 4: クライアントシークレットを取得します。

クライアントシークレットは、登録されたアプリのキーです。

  1. Azureポータルの登録されたアプリで、管理 > 証明書 & シークレットに移動します。

    MS5-Certificates-Secrets-a.png


  2. 必須: + 新しいクライアントシークレットをクリックし、クライアントシークレットの追加ダイアログを開きます。

    1. 摘要に任意のテキストを入力します。

    2. 有効期限無しに設定します。

    3. 追加をクリックします。

      MS6-Client-Secret.PNG


  3. クライアントシークレットが作成され表示されます。表示されるのは今回のみで、必ずクライアントシークレットをこコピーしてください。

  4. Bright Patternコンタクトセンター > 統合アカウントプロパティのタブに移動します。

    1. クライアントシークレットというフィールドに、先ほどコピーした値を貼り付けます。

      MS4-Integration-b.png


  5. オプション: 組織の証明書がお持ちの場合、証明書のアップロードをクリックして、証明書(公開キー)を .cer, .pem, .crt形式で追加します。追加は、Azureポータルの登録済みアプリの 管理 > 証明書 & シークレットで行われます。

ステップ 5: 認証 URL および OAuth 2.0 トークンを取得します。

  1. Azureポータルの登録済みアプリの 概要へ移動し、エンドポイントをクリックします。

    MS6-Auth-Endpoints-a.png


  2. 開いたエンドポイントダイアログで、二つの値をコピーします。

    MS7-Endpoints-2.png


  3. 先ず、OAuth 2.0認証エンドポイントの値(v1)をコピーします。

    1. Bright Patternコンタクトセンター >統合アカウントプロパティのタブに移動します。

    2. 認証URLというフィールドに先ほどコピーした値を貼り付けます。

      MS4-Integration-c.png


  4. 次に、 OAuth 2.0トークンエンドポイントの値 (v1)をコピーします。.

    1. Bright Patternコンタクトセンター >統合アカウントプロパティのタブに移動します。

    2. トークンURLというフィールドに先ほどコピーした値を貼り付けます。

      MS4-Integration-d.png


ステップ 6: アプリにユーザーを追加します。

Azureポータルで、このアプリケーションの使用を許可する権限のあるユーザー(つまり、DynamicsにログインしてMicrosoftのAPIを使うユーザー)を追加しなければなりません。システムユーザー、本人、および/または1人以上の管理者の追加をお勧めします(つまり、シナリオによる変更は、これらのユーザーの名前で行われます)。

  1. Azureポータルの登録されたアプリで、Azure アクティブディレクトリ > 企業専用のアプリケーション へ移動し、表示されたアプリケーションのリストから登録されたアプリを選択します。

  2. 次に、管理 > ユーザー & グループへ移動します。

  3. + ユーザーの追加をクリックし、自分をユーザーとしてアプリケーションに追加します。

    MS7-Users-a.png


  4. 画面の右側にある割り当ての追加で、このアプリケーションにアクセスできるユーザーとして自分の名前を選択します。

  5. ユーザーリストから自分の名前を選択します。

  6. デフォルトアクセスを選択して設定を完了します。シナリオによる変更は、このユーザーの名前で行われます。アクセスをカスタマイズしたい場合は、プロパティをクリックしてデフォルトアクセス以外のものを設定できます。

  7. ユーザーの 選択をクリックします。

  8. 割り当てをクリックします。

ステップ 7: API アクセスを追加します。

  1. Azure アクティブディレクトリ > アプリ登録へ移動し、アプリ名を選択します。

  2. API許可を選択して + 許可の追加をクリックします。

    MS8-Permission-a.png


  3. API許可のリクエスト当社で使われるAPIタブをクリックして “共通データサービス”を探します。

  4. リストに表示された共通データサービスを選択します。

    MS11-Common-Data-2.png


    1. ご注意: 共通データサービスを使うアプリケーションが複数ある場合は、Dynamicsアプリを選択し、PowerAppsアプリを選択しないようにします。

  5. 開いた次の画面:

    MS12-Common-Permissions.PNG


    1. 委任された許可を選択します。これは、サインインしたユーザーがアプリを介してAPIにアクセスする必要があることを意味します。

    2. 共通データサービスAPIへのアクセスを許可するuser_impersonationボックスをオンにします。

    3. 画面の下にある 許可の追加をクリックします。

ステップ 8: 統合アカウントプロパティの設定を完了します。

  1. Bright Patternコンタクトセンター >統合アカウントプロパティのタブに移動します。

  2. 統合アカウントに名前 を付けます。

  3. 複数のDynamics 365アカウントをお持ちで、このアカウントをデフォルトとして使う場合、デフォルトアカウントのチェックボックスをオンにします。

  4. API URLでURLを以下の形式で設定します:

    https://<your-organization>.crm.dynamics.com/api/data/v9.0

    MS4-Integration-e.png


  5. 更新トークンの横にある トークンのリクエストをクリックします。

  6. ポップアップダイアログで、Microsoftアカウントの認証が求められます。 組織に代わって同意するをクリックします。

  7. 問題がなければ、“接続が有効です”というダイアログが表示されます。このステップが完了したら、Microsoftブロックをシナリオで使用できるようになります。

  8. 適用をクリックし、統合アカウントプロパティを保存します。

詳しい情報については、 統合アカウントの追加方法をご覧ください。


これでこの設定セクションは完了です。

< 前へ | 次へ >