From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Tutorials-for-admins/Voice/LoadVoicesGoogleTTS and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Google Cloud 音声合成 APIの音声読み上げ方法

Google 音声合成統合アカウントはGoogle Cloud API 認証情報を使い、Bright PatternコンタクトセンターをGoogleのTTS エンジンに接続します。 統合を設定すると、サポートされている多数の言語で音声プロンプトを作成して、ボットの応答を自動化できます。

このような統合アカウントを設定するには、アクセス用の認証情報を提供するだけでなく、Google側で特定の言語の音声を承認する必要もあります。

この記事では、上記を行う方法と、Google 音声合成統合アカウントで音声読み上げ方法について説明します。

手順

ステップ 1:コンタクトセンター管理者アプリケーションの統合アカウントプロパティへ進みます。

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーション > コールセンター設定 > 統合アカウントで新しい音声合成統合アカウントを追加します。 プロパティ詳細については、 コンタクトセンター管理者ガイド 音声認識統合 (TTS)をご覧ください。

    TTS 統合アカウントのタイプを選択します。


  2. 音声読み上げ プロパティをご覧ください。

    Google TTS 統合アカウントプロパティ


  3. 音声のリストを表示するには、Google Explorerに移動し、ご利用の言語でのリストを承認する必要があります。

ステップ 2: Googleで承認手続きを行います。

  1. https://developers.google.com/apis-explorer/?hl=en_US#search/voices/m/texttospeech/v1/texttospeech.voices.listへ移動します。

  2. languageCodeに言語コードを入力します (例: "en-US")

    言語コードの入力


  3. fieldsに "voices"を入力します。

  4. 承認と実行をクリックします。

    承認


  5. OAuth 2.0 Scopesの指定というダイアログで、使う予定の範囲を指定します。

  6. 承認と実行を再度クリックします。

  7. 次のダイヤログでは、 ご利用のGoogleアカウントへのアクセスを許可します。

  8. これによってリクエスト(GET list in languageCode)が開始され、応答コードとリストが表示されます。 (JSON)

    JSON応答


ステップ 3: 音声読み上げを行います。

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションで、 TTS統合アカウントプロパティへ戻り、音声読み上げをクリックします。読み上げに数分がかかる場合があります。読み上げ完了後、読み上げの日を含むメッセージが表示されます: “XX/XX/XX読み上げ済み”

  2. 適用をクリックします。
    < 前へ | 次へ >