From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Agent-guide/Setup/CallForwarding and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

コール転送

コール転送機能は、応答できないコールを、指定された別の電話番号に転送するための機能です。エージェントデスクトップアプリケーションを使用して、転送番号の指定、コール転送機能を有効/無効にすることができます。

転送機能は、ダイレクトコールのみが対象で、キュー領域に保持されているコールが転送できませんのでご注意ください。後者のコールは、転送設定にも拘らず、ログインで使用されている電話番号に転送されます 。


転送とボイスメールの設定


画面プロパティ

内線番号...へ全てのコールを転送する

このチェックボックスは、ご利用の 内線番号の転送機能が有効になっているかどうかを表示します。

コール転送はボイスメールよりも優先されます。ボイスメールが有効になっている場合(下記を参照)でも、転送機能を有効にするとボイスメール機能が自動的に無効になります。

転送先

受信コールが転送される電話番号です。内線番号…へ全てのコールを転送するチェックボックスが選択されている場合、その電話番号を指定します。

無応答タイムアウト

ログイン中のエージェントが受信コールに応答しない場合に、そのコールが指定した番号に転送されるまでの時間です(秒単位)。

内線番号…へ全てのコールを転送するチェックボックスが選択されている場合は、タイムアウトの時間を指定しなければなりません。即時(無条件)転送の場合、タイムアウトを0に設定します。

エージェントが話中またはログアウト中の場合、受信コールは設定と関係なく、ご指定の番号へ即時に転送されます。

ボイスメールの有効化

ボイスメール機能が有効になっているかどうかを示します。

コール転送はボイスメールより優先されます。コール転送が既に有効になっている場合は、ボイスメール機能をご利用できません。ボイスメール機能が有効な時に転送機能を一時的に有効にすると、ボイスメール機能が無効になります。 ただし、既存のボイスメール設定(無応答タイムアウトおよび使用中の挨拶)は保存され、コール転送が無効になってからすぐに有効になります。

ボイスメール送信までの時間

ログイン中のエージェントが応答しない場合、受信コールがボイスメールに転送されるまでの秒数です。ボイスメールの有効化 チェックボックスが選択されている場合、この時間を指定します。

エージェントが話中またはログアウト中の場合、受信コールは設定と関係なく、ご指定のボイスメールへ即時に送信されます。

次のボイスメール挨拶の使用

この機能をご利用すると、3件のボイスメール挨拶の録音やアップロード、使用状況に応じて選択が可能です。詳しい情報は、エージェントガイドボイスメールの設定 をご覧ください。


コール転送の設定または有効化

  1. 設定をクリックし、ユーザープロフィールを選択し、 転送とボイスメールタブをクリックします。

  2. 内線番号...へ全てのコールを転送するを使って、転送先の電話番号を指定します。

  3. 無応答タイムアウトを使って、タイムアウト (つまり、ログイン中のエージェントが応答できないときに、受信コールが転送されるまでの秒数)を指定します。エージェントがログアウトの場合やまたは 電話無しというオプションでログインした場合は、受信コールは設定と関係なく即時転送しなければなりません。

  4. 内線番号...へ全てのコールを転送するチェックボックスを選択します。以下の機能が有効になります。


その他情報

コール転送設定は全ての電話デバイスオプション内線電話 及び デフォルト電話を除く)を対象とします。 内線電話 及び デフォルト電話については、ハードフォン番号を対象とする転送設定が適用されます。これらの設定については、システム管理者にご確認ください。

すべてのコール転送設定は、システム管理者が事前に行うことができるし、使用中にいつでも変更できます。事前設定または変更は、転送先の設定、無応答タイムアウトの設定、転送機能を有効/無効にすることを含みます。

コール転送設定は、ボイスメールの設定より優先されます。 転送機能を一時的に有効にすると、ボイスメール機能が自動的に無効になります。 ただし、既存のボイスメール設定(無応答タイムアウトおよび使用中の挨拶)は保存され、コール転送が無効になってからすぐに有効になります。
< 前へ | 次へ >