From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Agent-guide/Setup/PhoneDevice and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

電話デバイスの選択

ログイン中に、コールへの対応に使用するデバイスを選択できます。 システム管理者は、最初のログイン時に選択すべきオプションについてアドバイスします。 選択されたオプションは、記憶され、次回のログインからその入力が省略されます。

デバイスを選択するには、ログインダイアログボックスの 電話デバイスの現在の設定をクリックします。 デバイスオプションのリストが表示されます。

ご注意: 設定メニューで 電話デバイス を選択すると、ログイン後に電話デバイスを変更できます。


電話デバイスの選択


電話デバイスのオプション

エージェントデスクトップアプリケーションをご利用する前に、以下のデバイスから一つを選んでください。

コンピュータヘッドセット付きのソフトフォン

このデバイスは、コンピュータで電話として機能するソフトフォンアプリケーションです。 Plantronics USB DSPシリーズなど、このオプションには高品質のヘッドセットの使用をお勧めします。このオプションを選択すると、設定上で割り当てられた内線番号が、ログインセッション中の電話番号になります。

内線電話

内線電話は、システムに直接接続されたハードウェアフォンです。 例えば、Polycom SoundPointなど、SIPベースのデスクフォンがご利用いただけます。 このオプションの横にあるフィールドに、ご希望の電話番号を入力してください。

外線電話

外線電話は、システムからダイヤルできる一般電話番号(例えば、在宅勤務の場合、自宅や携帯番号)です。 このオプションの横にあるフィールドに、ご希望の電話番号を入力してください。

システム構成によって、外線接続がいったん確立されると、相手が電話を切っても接続が終了しない場合があります。これは、確立されたPSTN電話回線の使用を最適化するための一般的な状態です。このオプションがコンタクトセンターで使用されている場合、通話中にこちら側から電話を切る必要はありません。アクティブコールの終了については、特別なトーン信号を通じて通知されます。着信通知は、エージェントデスクトップアプリケーションを介して視覚的に表示されるか、また接続中の電話回線で別のトーン信号を通じて行われます。エージェントは画面上の受け入れボタンを使って受信コールを受け入れることができます。詳しい情報については、受信電話への応答をご覧ください。

回線接続は、アクティブコールがないまま数分間以上続くと、その接続が自動的に終了する場合があります。その回線接続が自動的に終了した場合、または手動で解放された場合、次回の着信に関する通知は、一般的な電話信号によって行われます。外線電話及び設定されたタイムアウトの正しい使用方法に関する詳しい情報は、管理者にご確認ください。

既定の電話

既定の電話とは、システム設定上で割り当てられたハードウェアフォンです。

ダイヤルイン、回線が接続された状態の維持

ネイルドアップ接続として知られるこのオプションをご利用すると、ログイン時に ご希望の電話デバイスからシステムとの電話接続が確立され、この接続はログインセッション中のコールへの順次対応に利用できます。このオプションのご利用にあたって、初期接続を行うための電話番号が管理者によって提供されます。着信通知は、エージェントデスクトップアプリケーションを介して視覚的に表示されるか、また接続中の電話回線で特別なトーン信号を通じて行われます。ユーザーは画面上の 受け入れボタンを使って受信コールを受け入れることができます。詳しい情報については、電話を取る方法をご覧ください。アクティブコールの終了については、特別なトーン信号を通じて通知されます。

原則として、エージェントデスクトップアプリケーションからログアウトするまで、その回線は接続された状態で維持されます。もしコール中にアプリケーションまたはブラウザがログアウトせずに勝手に閉じられた場合、システムはネイルドアップ接続を切る前に、相手側がコールを終了するまで待ちます。詳しい情報は、作業セッションの終了をご覧ください。

電話不使用

このオプションは、テキストベースの対話のみ(チャットやメール)を行う場合にご利用いただけます。
< 前へ | 次へ >