From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.8:Reporting-database-specification/concurrent users and the translation is 89% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

concurrent_users

concurrent_users 表は、過去にシステムを使用していたユーザーの数を追跡します。ログインしたユーザーの数がゼロ以外の値から変更されるたびに(つまり、最初のユーザー以外のユーザーがログインまたはいずれかのユーザーがログアウトするたびに)、1分間以上に1回の頻度で新しい行が追加されます(1分以内に初回のログイン/ログアウトが行われた後、その同じ1分以内に行われるすべてのログイン/ログアウトがまとめられ、1分後に1件のレコードとして書き込まれます)。 日次統計のリセット時間においても新しいレコードが自動的に作成されます。


データの説明

次の表には、名前(IDなど)、データタイプ (BIGINT, BINARY, BIT, DATETIME, ENUM, INT, VARCHARなど)、 concurrent_users 表の各メトリック(つまり、列)の説明が含まれます。


列名 データタイプ 内容
num_users INT start_time およびend_timeによって指定された期間中にシステムにログインしたユーザの数
users JSON array start_time およびend_timeによって指定された期間中にシステムにログインしたユーザの名前のリスト

ユーザーは[username1, username2, … usernameN] のJSON配列として表示されます(N = num_users)。

start_time TIMESTAMP このレコードのnum_usersおよびusersデータが有効である期間の開始時刻

時間は協定世界時(UTC)に基づき表示され、1分未満の端数が切り捨てられます。

このメトリックの時間は、agent_activity 表に記載されている状態変更の時間と数秒異なる場合がよくあります。それは異常ではありません。

end_time TIMESTAMP このレコードのnum_usersおよびusersデータが有効である期間の終了時刻

時間は協定世界時(UTC)に基づき表示され、1分未満の端数が切り捨てられます。

このメトリックの時間は、agent_activity 表に記載されている状態変更の時間と数秒異なる場合がよくあります。それは異常ではありません。

< 前へ | 次へ >