From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• 한국어 • español • Deutsch • français • English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

留守電メッセージを聞く

もし ボイスメール機能ボイスメール機能を有効にすると、誰かがメッセージを退出するたびにメール通知が届きます。このようなメールにボイスメールの録音を音声ファイルとして添付するように設定することもできます。また、システムはリンクをメールするだけで、メッセージを聞く前に認証を求めることもできます。

ボイスメール録音が添付ファイルとして配信された場合、メールメッセージ内から添付ファイルを直接開くことができます。ファイルは既定(デフォルト)のメディアプレーヤーで再生するために開かれます。技術的な観点からは、いつでも開いたり、その他に転送したり、後で使用するためにコンピュータに保存したりすることができる他のメール添付ファイルの操作と変わりません。

リンク

通知メールにリンクが含まれている場合は、リンクをクリックしてください。

エージェントデスクトップにログインしている場合

エージェントデスクトップアプリケーションにログインしているときにリンクをクリックすると、システムはすぐに選択した電話デバイスに発信します。 選択済電話デバイスに電話をかけます。

エージェントデスクトップにログインしていない場合

  • エージェントデスクトップアプリケーションにログインしていない場合、新規ブラウザタブまたはウィンドウが表示され、ログインダイアログが表示されます。
  • ユーザー名とパスワードを入力します。これらは、エージェントデスクトップアプリケーションにログインする際に使用するユーザー名とパスワードと同じです。
  • ログインボタンをクリックします。システムは、システム設定でお客様に恒久的に割り当てられている電話(既定(デフォルト)電話)への発信を試みます。

上記のコールについては、以下のようにアラート閾値が通知されます。 通常の着信コールと同じように発信されます。.

再生

応答するとすぐにボイスメールメッセージの再生が始まります。再生には ダイヤルパッドを使用して、メッセージ再生をコントロールすることができます。

再生中は以下のコントロールが利用可能です:

  • メッセージの前の10秒間を再生するには、1を押します。
  • メッセージの次へ10秒スキップするには、3を押します。
  • メッセージの前30秒を再生するには、4を押します。
  • 再生を一時停止または再開するには、5を押します。
  • メッセージの次へ30秒スキップするには、6を押します。
  • メッセージを最初から再生するには、7を押します。

メッセージの再生が終了したら 解除通常の電話と同じように発信を解除できます。そうしないと、システムは15秒間待機してから、このコールを自動的に切断します。このため、7を押してメッセージを再生することができます。

通話切断後にメッセージをもう一度聞くには、元のメール通知を開き、リンクをクリックします。エージェントデスクトップアプリケーションにログインしていない場合でも、最初のボイスメールログインから5分以内にリンクをクリックすれば、再認証の必要はありません。

ストレージ

既定(デフォルト)では、システムはボイスメールメッセージを90日間保存します。ただし、これは設定可能なパラメータであるため、システム管理者に保存期間を確認する必要があります。

< 前へ