From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

タスクログ

タスクログを表示するには、タスクメニューからタスクログオプションを選択します。スケジュールされたタスクの実行結果が時系列順にログに表示されます。開始時間列のタイトルをクリックすると、順序を逆順にすることができます。

タスクログのフィールドは列で表示され、状態に従って並べ替えることができます。タスクログのフィールドには以下の意味があります。

開始時間

開始時刻とは、タスクの実行が開始された日時のことです。

終了時刻

タスクの実行が終了した日時

オブジェクトの名前

オブジェクト名は、このタスクが実行されたオブジェクト(すなわち、サービス、リスト、報告者)の名前です。

タスクの名前

タスク名はこのタスクに付けられたユニークな名前です。前、この列は "リソース名 "と発信されていました。

期間

成功したタスクの場合、Durationカラムは実行時間をmm:ssフォーマットで表示します。

サイズ (KB)

サイズ列はタスクの転送サイズをKBで表示します。リストの場合、これは送信/受信されたリストファイルのサイズであり、報告者の場合は報告書のサイズです。メールの場合は、メールのサイズです。

結果

結果はタスクの実行結果で、完了か 失敗のどちらかです。

エラー

エラー列には、タスクが失敗した場合のエラーメッセージが表示されます。

入力

入力はタスクのタイプを示す。タスクタイプの詳細については、スケジュールされたタスクと進行中タスクのセクションを参照してください。

ステップ

ステップは 開始時間で指定された時間に実行されたタスクステップを指します。このパラメータは、指定された時間にキャンペーンが開始されたか停止されたかを示すので、キャンペーントリガータイプのタスクのヘルプになります。
< 前へ