From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Custom-reporting-tutorial/BPXMLSyntaxandSamples and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

BPXML構文とサンプル

カスタムBPXMLレポートテンプレートを作成し、それを使うと、CSVデータをエクスポートできます。このセクションでは、BPXMLレポートテンプレートの構文と構成について説明します。

構文

トップレベルの"BPcsvReport"エレメントには、 オプショナル "parameters" と "queryString"のサブエレメントが含まれています。

"queryString"は、一般的なSQLステートメントであり、いくつかのパラメーターを含む場合があります。

パラメータタイプ

使用可能なパラメータは以下の通りです:

  • "agent" – エージェントセレクター
  • "agentlist" – エージェントマルチセレクター
  • "end_time"
  • "service" – サービスセレクター
  • "servicelist" – サービスマルチセレクター
  • "start_time"
  • "team” – チームセレクター
  • "teamlist" – チームマルチセレクター
  • "timeframe" サブタイプ:
    • "start"
    • "end" (1レポート1ペア) – 開始日と終了日のセレクター
    • "string" - 任意の文字列値

BPXMLレポートのサンプル

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BPcsvReport version="1.0" resourceBundle="com.brightpattern.reports.oob_reports">
<parameters>
<parameter name="start_time" type="timeframe" subtype="start"/>
<parameter name="end_time" type="timeframe" subtype="end"/>
<parameter name="login_id" type="agent" />
</parameters>
<queryString>
<![CDATA[
SELECT
start_time,
first_name,
last_name,
num_calls_in,
num_calls_answered,
team_name
FROM agent_performance
WHERE start_time > $P{start_time} AND login_id=$P{login_id}
]]>
</queryString>
</BPcsvReport>

以下は、さまざまなタイプのBPXMLレポートの例です。上記のBPXMLレポートサンプルと異なる値はpinkで強調されています。

"agentlist" の使用例

この例では、 agentlistというパラメータはエージェントデータをエージェントパフォーマンスレポートに追加するために使われています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BPcsvReport version="1.0" resourceBundle="com.brightpattern.reports.oob_reports">
<parameters>
<parameter name="start_time" type="timeframe" subtype="start"/>
<parameter name="end_time" type="timeframe" subtype="end"/>
<parameter name="login_id" type="agentlist" />
</parameters>
<queryString>
<![CDATA[
SELECT
start_time,
first_name,
last_name,
num_calls_in,
num_calls_answered,
team_name
FROM agent_performance
WHERE start_time > $P{start_time} AND login_id IN ($P{login_id})
]]> </queryString> </BPcsvReport>

"call_detail"の使用例

この例では、 hold_time, held, max_holdというメトリックは、保留じかんデータをコール詳細レポートに追加するために使われています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BPcsvReport version="1.0" resourceBundle="com.brightpattern.reports.oob_reports">
<parameters>
<parameter name="start_time" type="timeframe" subtype="start"/>
<parameter name="end_time" type="timeframe" subtype="end"/>
<parameter name="login_id" type="agent" />
</parameters>
<queryString>
<![CDATA[
SELECT
start_time,
first_name,
last_name,
num_calls_in,
num_calls_answered,
hold_time,
held,
max_hold,
team_name
FROM call_detail
WHERE start_time > $P{start_time} AND login_id=$P{login_id}
]]>
</queryString>
</BPcsvReport>
< 前へ | 次へ >