From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Custom-reporting-tutorial/CreatingDataAdapter and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

データアダプターの作成

データアダプターにより、Jaspersoft StudioはSQLクエリを使ってレポートデータベースからデータを取得できます。次の手順に基づいて、クライアントがデータベースにアクセスする方法を定義するプログラミング言語Java用のJava Database Connectivity(JDBC)APIを使用するデータアダプターを作成します。 JDBCは、データベース内のデータを照会および更新する方法を提供します。

データベースに直接アクセスできない限り、データアダプターを作成する必要はありません。データベースへの直接アクセスはライセンス料金がかかります。


Reporting-db-spec-image2.png


手順

データアダプターを作成するには、画面の左隅にあるリポジトリエクスプローラータブに移動し、次の操作を行います。

ステップ 1: データアダプターを作成します。

  1. リポジトリエクスプローラーで、データアダプターを選択し、右クリックします。

  2. データアダプターの作成を選択します。


リポジトリ > データアダプターの作成


ステップ 2: 接続を選択します。

  • ポップアップウィンドウでは、 データベースJDBC接続を選択し、次へをクリックします。


データアダプターの作成 > データベース JDBC 接続


ステップ 3: JDBCプロパティを指定します。

Javaデータベース接続のプロパティ (例えば、ドライバー、データベースサーバーホスト、認証)を指定します。

ポップアップウィンドウで、次を指定します:

  • 名前: データアダプターの名前です。"新しいデータアダプター" とは、既定の名前であり、変更できます。
  • JDBC ドライバー: org.mariadb.jdbc.Driver (ご注意: このドライバー名をコピーしてフィールドに貼り付けるか、プルダウンメニューを使ってこのドライバーを選択します)。
  • JDBC Url: jdbc:mariadb://&lt。データベースサーバーのホスト名>:3306/< レポートデータベース名>
  • ユーザー名: レポートデータベースにアクセスするためのユーザー名です。
  • パスワード: レポートデータベースにアクセスするためのパスワードです。

終了をクリックします。

ご注意

  • データベースサーバーのホスト名、データベース名、およびユーザー名については、コンタクトセンター管理者アプリケーションの レポート設定をご覧ください。
  • JDBC Urlフィールドには、 "<" および ">" が含まれていません。 "<データベースサーバーホスト名>" および "<レポートデータベース名>"の代わりにホスト名とデータベース名をそれぞれ入れてください。
    < 前へ