From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:QM/QualityEvaluators/HowtoCompleteCalibrations and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

校正の実行方法

品質評価管理者は、評価者に対して評価タスクだけでなく、対話の校正リクエストも割り当てることができます。校正は対話の評価を意味しますが、対話の評価スコアにはカウントされません。対話の校正は、チームの 評価者 によって行われます。

品質評価管理者は、対話の校正リクエストをチームの評価者に対して割り当てる際、任意の人数を設定できます。これにより、管理者は、特に複雑な評価エリアでの評価の実施方法を特定および微調整できます。例えば、4人のチーム評価者のうち3人が一貫して特定の評価フォームで対話を評価しました。一方、4人目のチーム評価者に一貫性がない場合、管理者はこの状況を特定し、必要に応じて評価者を再教育できます。

対話の校正プロセスは、評価完プロセスと同じです。校正待ち の検索プリセットボタンをクリックして、検索結果画面で対話を確認し、ダブルクリックし評価コンソールで表示します。

画面の右側の評価タブで、必要に応じて適切な評価フォームを選択し、利用可能な評価フィールドの質問に答え始めます。評価フォームのすべての質問への回答が終了したら、送信 Submit-Button-5310.PNGボタンをクリックします。実行中の校正は下書きとして保存できます。


評価コンソールにおける対話の校正
< 前へ