From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Agent-guide/HowtoRejectaCallingRecord and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

電話記録の確認リクエストの拒否

原則として、インタラクションを処理しているエージェントが 受付不可への切り替え を行うと、電話記録の確認リクエストがこのエージェントに送信されません。しかし、電話記録が エージェントの状態が受付不可になる前に送信された場合、そのリクエストを拒否するオプションがあります。

リクエストを拒否するには、 確認ポップアップウィンドウ拒否ボタンをクリックします。システムはリクエストをキャンセルし、しばらくしてから再送信します。


電話記録の確認ポップアップウィンドウ


電話記録の確認リクエストを拒否したあと、状態が自動的に受付不可に切り替わります。次のコールの受付が可能になったら、 受付可能な状態への手動切り替えを行ってください。

ご注意: 拒否された通話記録の確認リクエストは、パフォーマンスレポート及び活動レポートに表示されます。
< 前へ | 次へ >