From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Agent-guide/Tutorials/Cases/HowtoChangeDefaultEmailFont and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

メールの既定フォントの変更

エージェントは、メールの返信及び下書きに使われるフォントを任意で設定できます。フォントのタイプ・サイズ・テキスト色は、エージェントデスクトップの 設定で変更できます。

ステップ1: 設定を更新します。

メールフォントをカスタマイズするには、設定へ進み、 メールの既定フォントを選択します。


設定 > メールの既定フォント


ステップ 2: ご希望のフォントスタイルを選択します。

次のダイアログボックスがポップアップし、フォントフェイス、サイズ、フェイスカラーを選択できます。ご希望のフォントフェース、サイズ、色を選択してプレビューします。次に、Okをクリックして変更を保存します。メールの既定フォントの設定が保存され、すべての下書きと返信に適用されます。


フォントフェイス、サイズ、カラーを選択します。


ステップ 3: メールの下書きと返信で新しいフォント設定を確認します。

新しいメールのフォント設定が適用されていることを確認するには、新しい下書きを開くか、メッセージへの返信を開きます。新しい下書きまたは返信文が開くと、フォントは自動的に既定のフォントに設定されます。

貼り付けたテキストを選択してフォント書式を解除すると、フォントは設定で定められている既定のフォントに戻ります。キューから転送したメール(下書きが既にあるもの)を受信すると、手動でフォント書式を解除しない限り、下書きのフォントは変更されません。


メールに適用される既定フォントの設定例
< 前へ | 次へ >