From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• 한국어 • español • Deutsch • français • English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

新規アウトバンドメールの送信方法

フォローアップメールは既存のケースに関連付けられますが、新規アウトバウンドメールは、既存のケースとは関係のない事柄に関してカスタマに送信するメールです。新規メールを作成して送信すると、新規ケースが自動的に作成されます。

新規アウトバウンドメールを送信するには、パーソナルキューにリストされているメールメッセージを選択し、メッセージを開きます。次に、下書きメールボタンをクリックします。 Email-Draft-Button-50.pngをクリックします。


下書きメールの新規作成


新規メールの下書きが有効なコミュニケーションリストに表示されます。コンテキスト情報エリアには、使い慣れたメール処理中ビューとコントロールが表示されます。詳しくは メール作業エリアの概要.

以下のようにメールを下書きします:

  • このメールが関連付けられているサービスを選択します。
  • 宛先メールアドレスを指定します。前に手動で入力したメールアドレスを入力し始めると、システムが自動的に残りのメールアドレスを入力完了します。
  • 必要に応じてccや bccを追加します。
  • 件名を入力します。
  • メールを作成します。
  • バージョン5.3.0から、以下のメール添付制限にご注意ください:
    • 単一の添付メールサイズ:10MB
    • 添付ファイルを含む単一のメールサイズ:25 MB
  • 送信をクリックします。

メールが送信され、新規ケースが作成されます。顧客があなたのメールに返信済の場合、その返信は自動的にその新規ケースに関連付けられます。その後の顧客からの返信処理は、受信メールの処理中と変わりません。

< 前へ | 次へ >