From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• 한국어 • español • Deutsch • français • English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

発信記録を確認する方法

キャンペーンレコードとしても知られる通話録音には、コール対話に関する詳細情報が含まれます。この情報には、顧客の名前、電話番号、顧客履歴、顧客との連絡先の試行履歴などが含まれます。キャンペーンレコードは、エージェントデスクトップアプリケーション上でエージェントがアクセスできます。以下の方法で通話録音にアクセスできます。

ステップ1: キャンペーンレコードをプレビューする。

  • キャンペーン記録がデスクトップに配信されると、プレビュー要求を示すプレビューというタイトルのポップアップウィンドウが表示されます。プレビューにより、顧客との連絡先を試行する前にキャンペーン記録を確認することができます。ポップアップウィンドウにはキャンペーン名とカスタマーの名前が表示されます。
  • 承認をクリックして記録を確認します。(コンタクトセンターの慣行によっては、デスクトップに配信された通話記録が自動的に承認される場合がありますので、メモしてください)。
  • 状態が 受付可能から 話中.


ステップ2:利用可能な情報を確認します。

  • 連絡先情報パネルのプレビューレコードから顧客の名前と電話番号を表示します。
  • 履歴]タブをクリックして、指定されたキャンペーン内でこの顧客に連絡する試行が過去にあったかどうかを確認します。
  • レコードを確認している間は、話中の状態が続くことに注意してください。あなたは 受付不可にするにすることができます。


ステップ3:記録を完了するか、顧客に発信します。

記録を確認した後、次のいずれかの方法を取ることができます。

記録に不正確な情報や不足している情報がある場合:

  • この状況に対応する処分を選択します。
  • 完了ボタンをクリックして、キャンペーン内でのこのレコードの処理を完了します。既定(デフォルト)の発信はBad Recordですが、コンタクトセンターで再定義することができます。不明な場合は、システム管理者にご相談ください)。
  • あなたの状態は中から受付可能に変わり、まもなく別のプレビューリクエストを受け取る可能性があります。

レコードの情報は検証可能だが、何らかの理由で処理できない場合:

  • スキップボタンをクリックしてください。システムはその記録をデスクトップから消去し、後で配布を試行します。
  • スキップ]をクリックする前に[受付不可]にしない限り、あなたの状態は[話中]から[受付可能]に変わり、すぐに別のプレビュー要求を受け取ることになります。 * 記録をスキップするたびに、コンタクトセンターのレポートに記録されることに注意してください。

レコードの情報が検証可能で、このカスタマーに発信する準備ができている場合:

  • アドレスエリアの電話番号をクリックします。
  • 複数の番号がある場合、キャンペーン設定に従って現時点でダイヤルすることを推奨する番号が緑色の丸でマークされます。(コンタクトセンターの慣行によっては、システムが自動的に希望の番号にダイヤルするまでに、レコードを確認するための一定の時間が与えられる場合があることに注意してください)。
  • 選択済番号へのコール試行が開始され、その後のコール処理は、コール結果に応じて処理済みのコールを設定する必要があることを除き、通常のアウトバウンドコールと変わりません。詳細については、セクション 処分とメモの入力方法および 発信の再スケジュール方法.
    < 前へ | 次へ >