From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Bria Mobile ソフトフォン設定

Bria Mobileソフトフォンアプリは、Bright Pattern コンタクトセンターソフトウェアを使った通話に適しています。 Bria Push サービスを使うことで、スタンバイ時のバッテリーの消耗を最小限に抑えます。

設定

コンタクトセンター管理者アプリケーション側

Bria MobileをBright Pattern コンタクトセンターで設定するには、以下を行います:

  1. ハードフォン アカウントをコンタクトセンター管理者アプリケーションで追加し、プロパティを編集します。

    ハードフォンのプロパティ


  2. 認証タブで、 ユーザー名の認証は電話の内線番号と同じであることを確認します。

    ハードフォン認証タブ


  3. ドメイン (例:プロパティタブの “電話登録 <ext>@<domain>”をご覧ください)、 内線番号、パスワードをメモします。

Bria Mobile ソフトフォン側

Bria Mobile アプリで、新しいアカウントを追加します。これは、 設定 > アカウント > “+” > プロバイダの設定 > ユーザー定義のジェネリックアカウント > SIPに移動して行います。

次の手順は、ユーザー定義のジェネリックアカウント用です。 VoIPプロバイダーを選択する必要はありません。また、アカウントが無効になっている場合にのみ、アカウントオプションを編集できます。

SIPアカウントのセクション

SIPアカウントを設定するには、次の手順を実行します:
  1. アカウントにアカウント名を付けます。

  2. ご希望の 表示名を付けます。

  3. ハードフォンアカウントと同じ ユーザー名 (例:"3001") と パスワード を付けます。

  4. ドメインをハードフォンアカウントのドメインに設定し、 :5080 (Bright Pattern CCaaS サービスは規格外のSIPポート 5080を使用)を追加します。 例: "example.brightpattern.com:5080"

  5. プッシュ通知使用オプションを有効にし、 登録モードオプション を 単一デバイスエミュレーションに設定します。

  6. NATエミュレーションを無効にします。

  7. プッシュ拡張設定を無効のままにします。

拡張アカウント

拡張アカウントを設定するには、次の手順を実行します:

  1. Network Traversalカスタム設定で全てのオプションをオフにします。

  2. IP バージョンWi-Fi IPバージョンIPv4に設定します。

  3. 同じ IPバージョンモバイル IPバージョンIPv4に設定します。

  4. DTMFタイプ DTMF送信方法RFC2833に設定されているかどうか確認します。

  5. トランスポートとセキュリティSIPトランスポートUDPに設定します。

  6. SIP 登録Wi-Fi更新間隔およびモバイル更新間隔30 秒に設定します。

  7. TLS Cert 管理TLS certの検証を無効にします。

  8. SIP その他で、 その他表示 を無効のままにします。
    < 前へ | 次へ >