From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Cisco SPA ハードフォン設定

この手順では、Cisco Configuration Utility ウェブインターフェイスでCiscoハードフォンを手動で設定および登録する方法を示します。例としてCisco SPA508Gを使用しています。この例は、 “SPA “モデルファミリのどのCiscoハードフォンにも使用できます。

必須条件

Bright Pattern コンタクトセンターバージョン5.2.x以降が必要です。

Cisco電話機に Bright Patternコンタクトセンターのソフトウェアを設定するには、専用の 発信プロキシが必要です。リクエストに基づいてBright Pattern オペレーションこれを作成します (次の手順のステップ 5.1.b.をご覧ください)。

手順

1. 電話機のIPアドレスを確認します。

電話機で メニュー ボタンを押して ネットワークを選択します。ここでIPアドレスは一覧表示されます。

2. Cisco電話でソフトウェアの更新を確認します(重要)。

電話機が最新のファームウェアバージョンまで更新されていることを確認します。少なくとも年に1回はスマートフォンを更新することをお勧めします。アップデートについては、 Cisco ソフトウェアダウンロードページをご覧ください。

3. 出荷時設定のリセットを実行します(重要)。

電話機で メニュー ボタンを押して出荷時設定リセットを選択します。電話機が再起動します。

4. 電話機の設定ユーティリティウェブインターフェイスを開きます。

  1. ウェブブラウザのアドレスバーにCisco電話のIPアドレスを入力します。
  2. ページの右上にある 管理者ログインをクリックしてから 拡張をクリックします。

    Cisco-SPA-1.PNG


    または、次の場所に直接移動して同じ場所にたどり着きます: http://<your-phone-IP-address>/admin/advanced

  3. 音声をクリックし、設定する拡張タブを選択します。この例では、 Ext 2を設定しています。

    Cisco-SPA-2.PNG


5. 拡張設定を編集します。

ご注意: 以下の設定を変更する必要があります。このステップで個別に記載されていない設定は、ユーザーが行います。

  1. 拡張設定のプロキシーと登録で次のように設定します:
    • プロキシー: Bright Patternテナントのアクセスドメインであり、 Bright Patternサービスプロバイダアプリケーションの テナント> プロパティにあります。
    • 発信プロキシー: Bright Pattern オペレーションに対するリクエストに基づいて作成された設定です (例: “yourcorporation-sip.brightpattern.com”)。
    • 発信プロキシーの使用: “はい”を選択します (既定値は “いいえ”です)
    • 登録: “はい”を選択します。
    • DNS SRVの使用: “はい”を選択します。
    • DNS SRV オートプレフィックス: “はい”を選択します。

      Cisco-SPA-3.PNG


  2. サブスクライバー 情報として以下を設定します :
    • ユーザーID: 内線番号 (例えば、 “1000”)
    • パスワード: ユーザーが設定する内線番号のパスワードです。

6. システム設定を編集します。

  1. システムタブをクリックしてシステム設定を編集します。

    Cisco-SPA-4.PNG


  2. オプショナルネットワーク設定で以下を行います:
    • NTP 有効化: “はい”を選択します。
    • 2次の NTP サーバー: “0.pool.ntp.org”を設定します。

      Cisco-SPA-5.PNG


      < 前へ | 次へ >