From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Tutorials-for-admins/AI/SetupanAWSLexIntegrationAccount and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

AWS Lex 統合アカウントの設定

AWS Lex との統合は、 統合アカウントを通じて有効になります。これらの統合アカウントには、サードパーティサービスの認証情報が保存されており、Bright Pattern コンタクトセンターがその情報にアクセスして操作できます。

この記事では、AWS Lexボット/チャットサジェスト機能エンジン統合アカウントの設定方法、そのプロパティの編集方法について説明します。

手順

ステップ 1: 統合アカウントを追加します。

ボット/チャットサジェスト機能エンジン統合アカウントを追加し、AWS Lexを選択します。

ステップ 2: プロパティを編集します。

プロパティダイアログでは、お持ちの AWS Lex ボットの認証情報を以下の通りに入力します。そうすることで、Bright Patternが ボットにアクセスし、チャット対話で使用できます。


AWS Lexボット/チャットサジェスト機能エンジン統合アカウントのプロパティ


アカウント名

この統合アカウントのユニークな名前です。同じタイプの統合アカウントを複数持つことができるため、わかりやすく覚えやすい名前を付けると便利です。

タイプ

アカウントを追加するときに“AWS Lex”というタイプが選択されたため、既定のタイプも“AWS Lex”です。

ユーザー ID

お持ちの AWSアカウントIDです。

IDは、AWSの マイアカウント>アカウント設定で確認できます。

ボット名

ボット名 (例えば、“TripBooker”)です。ボットのエイリアスとは異なる場合があります(以下を参照)。

ボット名は、AWSの Amazon Lex > ボット (ボット名を選択します) > 設定で確認できます。

ボットのエリアス

エリアス名です (あれば)。

ボットの複数のバージョンを保存することが可能で、それぞれ異なるインテントと設定があります。 ボットのエイリアスはボットバージョンの名前です。

アクセスキー

アクセスキー ID です (例:AKIAIOSFODNN7EXAMPLE)。

アクセスキーIDを取得するには、AWS Identity and Access Management(IAM)サービスのアクセスキーを設定する必要があります。 IAMユーザーのアクセスキーの管理および AWS マネジメントコンソールをご覧ください。

シークレットキー

シークレットアクセスキー (例: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY)です。

地域

ボットの地域 (例: “US 西部 (オレゴン)”)です。

1日あたりのAPIコールの最大件数

毎日発信できるコールの最大件数です。この制限は、無料アカウントに含まれている件数を超えた場合のコールに対して追加料金が課されないようにするためのものです。

ステップ 3: プロパティを保存します。

画面の下部にある適用をクリックして、アカウントのプロパティを保存します。これで、AWS Lex統合設定が完了しました。

参考書

ボットに関する詳しい情報: