From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• 한국어 • español • Deutsch • français • English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

パーソナルキューからメールを保留解除する方法

で説明したように チームキューからメールを保留解除する方法セクションで述べたように、プッシュとプルの配信方法に加えて、メールはスーパーバイザーによってあなたに割り当てられます。システム設定によっては、受信メールが以前担当したケースに関連している場合、そのようなメールを直接あなたに配信することもできます。このようなメールはパーソナルキューに表示され、そこから手動で取り出すことになります。パーソナルキューは、前のセクションで説明したチームキューとよく似ています。同じコントロールを使って開き、アプリケーションの同じエリアに表示され、各メールに関する同じ情報を提供します。

詳細はセクション チームキューにメールを保留解除する方法.

パーソナルキューには、以前に作業してドラフトに保存したメールも含まれます。詳細については、セクション メールをドラフトに保存する方法 ..下書きは、新規メールと同じようにパーソナルキューから処理中に取り出されます。パーソナルキュー内のメールはサービスレベルアグリーメント(SLA)順に並び、SLA違反に最も近いメールがリストの一番上に表示されます。デスクトップ上のパーソナルキューに割り当てられたスペースは限られているため、数通のメールしか表示されないことに注意してください。スクロールすることで、より多くのメールを見ることができます。

添付インジケータ Add-Attachment-Button.pngは、メールスレッド全体で送信または受信されたメッセージに添付ファイルがあるかどうかを示します。このインジケータは、スレッド内の各メッセージについて、キュー内の行末に表示されます。

処理するメールを保留解除するには、以下のステップに従います:

  1. メールをダブルクリックするか、編集エリアの[取得]ボタンをクリックします。
  2. 有効なアクティビティリストにメールアイコンが表示されます。 Email-Icon-50.pngが表示されます。

その後のメール処理のステップについては、セクション 受信メールを確認する方法.

< 前へ | 次へ >