From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Form-builder-reference-guide/FormBuilderOverview and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

フォームビルダーの概要

Bright Patternコンタクトセンターは、対話処理を簡単にするサービス固有のWebフォームの作成をサポートしています。フォームが特定のサービスに対して関連づけられている場合、対応する対話がエージェントに配信されると、エージェントデスクトップアプリケーションによってフォームが表示されます。アクティビティフォームには、サードパーティデータベースおよびコールリストからのデータを事前に入力できます(シナリオ経由)。

発信キャンペーンに関連付けられたフォームは、アクティブな対話処理や後処理作業(ACW)中に新しいデータ入力にも使用できます。入力済みのフォームは、同じ対話を処理しているエージェント間で転送できます。編集可能なフォームを介して収集されたデータは、キャンペーン結果の一部として保存でき、オフライン処理に利用できます。

現在、編集可能なフォームは、発信音声および混合音声タイプのサービスでのみ利用できます。他のタイプのサービスでは、静的フォーム(つまり、編集可能なフィールドのないフォーム)をご利用ください。

フォームは、フォームビルダーアプリケーションで作成および編集されます。このアプリケーションは、コンタクトセンター管理者rアプリケーションから起動されます。詳しい情報については、Bright Patternのコンタクトセンター管理者ガイドアクティビティフォームをご覧ください。

ユーザーインターフェイス

フォームビルダーアプリケーションは、さまざまなユーザーインターフェイス(UI)の要素をページ上のご希望の場所に配置し、そのプロパティを編集することによりフォームを構築できるグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を提供します。フォームには、静的テキスト、データフィールド、画像など、各種のUI要素を組み込むことができます。

フォームを作成または編集する場合、フォームビルダーは動的レイアウトエディターと静的レイアウトエディターの2つのビューで表示されます。 フォームビルダーリファレンスガイドでは、動的レイアウトエディターと静的レイアウトエディターというビュー、およびそれぞれに使用できるフォームとコントロールのタイプについて説明しています。

動的レイアウトエディター

Bright Pattern コンタクトセンターのバージョン5.xは、動的レイアウトエディターと呼ばれる新しいGUIビューをフォームビルダーアプリケーションでも提供します。 動的レイアウトエディターを使うと、フレキシブルで動的なレイアウトを持つ新しいフォームを作成できます。このビューでは、列、行、フィールドを簡単にサイズ変更してフォームに配置できます。 動的レイアウトエディターは、複数ページから成るフォーム向けに追加のフォームコントロール、フィールドプロパティ、プレビューモード、およびページサムネイルを提供します。フォームビルダーの動的レイアウトエディターは、新しいフォームの作成にのみ使用できます。


新しいフォームの作成


静的レイアウトエディター

Bright Patternコンタクトセンターのバージョン3.xで作成されたインポート済みのフォームは、フォームビルダーで編集できます。ただし、これらのフォームは、静的レイアウトエディターと呼ばれるフォームビルダーのバージョン3.x GUIに表示されます。このビューでは、フォームの要素のサイズをピクセル単位で指定する必要があり、コントロールやその他のフォーム要素はフォームキャンバス上の固定位置に残ります。 フォームビルダーの静的レイアウトエディターというビューは、バージョン3.xの既存のフォームの編集にのみ使用できます。


既存のフォームの編集


本ガイドの以降のセクションでは、両方のフォームビルダービューで特定のフォームコントロールを操作する方法について説明します。コントロールは、本ガイドの全てのフォームコントロールにアルファベット順に記載されています。

< 前へ | 次へ >